エロイ・オラージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エロイ Football pictogram.svg
名前
本名 Eloy José Olaya Prendes
エロイ・ホセ・オラージャ・プレンデス
ラテン文字 ELOY
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1964年7月10日(49歳)
出身地 アストゥリアス州, ヒホン
身長 167cm
選手情報
ポジション FW
ユース

コレヒオ・インマクラーダ
ヒホン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1983
1982-1988
1988-1995
1995-1996
1996-1998
ヒホンB
ヒホン
バレンシア
ヒホン
バダホス
? (?)
190 (36)
203 (37)
36 (3)
28 (4)
代表歴
1980
1981-1982
1983-1986
1985-1990
U-16スペイン
U-18スペイン
U-21スペイン
スペインの旗 スペイン
2 (0)
13 (5)
10 (4)
15 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

エロイ(Eloy)ことエロイ・ホセ・オラージャ・プレンデス(Eloy José Olaya Prendes、1964年7月10日 - )は、スペインヒホン出身の元サッカー選手スペイン代表であった。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

スポルティング・ヒホンの下部組織出身で、わずか15歳だった1979年11月28日、コパ・デル・レイのCDトゥロン戦でトップチームデビューした。スペインサッカー連盟はリザーブチーム登録のフィールドプレーヤーを出場させることを認めていないが、当時は出場が可能であった[1]。1982年にはプリメーラ・ディビシオン(1部)初出場を果たし、1980年代の躍進に貢献。1984-85シーズンと1986-87シーズンにはリーグ戦で4位となり、後者のシーズンには43試合に出場して11得点を挙げた。1988年にはバレンシアCFに移籍し、1989-90シーズンには1986-87シーズンと似たような成績を残してリーグ戦準優勝に貢献した。1996年にはCDバダホスに移籍し、1998年、34歳で現役引退した。プリメーラ・ディビシオンでは通算429試合に出場して76得点を挙げた。

代表[編集]

1985年11月20日、サラゴサで行われたオーストリアとの親善試合(0-0)でスペイン代表デビューした。1986年1月22日、ラス・パルマスで行われたソビエト連邦との親善試合(2-0)で初得点を挙げた。同年夏には1986 FIFAワールドカップのメンバーに選出され、アルジェリア戦で得点したが、準々決勝のベルギー戦ではPKを外し、スペインは準々決勝敗退に終わった。1987年4月1日、ウィーンで行われたUEFA欧州選手権1988予選のオーストリア戦では2得点を挙げた。1988年にはUEFA欧州選手権1988本大会のメンバーに選出されたが、1試合も出場機会はなかった。

代表での得点[編集]

# 日付 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 1986年1月22日 スペインの旗 ラス・パルマス  ソビエト連邦 2–0 2–0 親善試合
2. 1986年6月12日 メキシコの旗 モンテレー  アルジェリア 0–3 0–3 1986 FIFAワールドカップ
3. 1987年4月1日 オーストリアの旗 ウィーン  オーストリア 0–1 2–3 UEFA欧州選手権1988予選
4. 1–2

現役引退後[編集]

2001年から2006年まではヒホンのゼネラル・マネージャー(GM)を務めた。

タイトル[編集]

  • バレンシアCF
コパ・デル・レイ 準優勝 : 1994-95

脚注[編集]

  1. ^ Eloy jugó en la Copa con 15 años La Nueva España、2009年10月9日 (スペイン語)

外部リンク[編集]