アイトール・ベギリスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はベギリスタイン第二姓(母方の)はムヒカです。
チキ・ベギリスタイン Football pictogram.svg
名前
本名 アイトール・ベギリスタイン・ムヒカ
Aitor Begiristain Mujika
愛称 チキ (Txiki)
ラテン文字 Begiristain
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1964-08-12) 1964年8月12日(55歳)
出身地 オラベリア
身長 171cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW (WG)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1988
1988-1995
1995-1997
1997-1999
スペインの旗 レアル・ソシエダ
スペインの旗 バルセロナ
スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ
日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
187 (23)
223 (63)
43 0(4)
61 (16)
代表歴
1988-1994 スペインの旗 スペイン 22 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アイトール "チキ" ・ベギリスタイン・ムヒカAitor "Txiki" Begiristain Mujika, 1964年8月12日 - )は、スペインバスク州ギプスコア県オラベリア英語版出身の元同国代表サッカー選手。出身地のバスク語で「小さい」を意味する「チキ(Txiki)」の愛称で親しまれた[1]

レアル・ソシエダFCバルセロナでの活躍で多くの人々に知れ渡り、特に後者ではプリメーラ・ディビシオン4回, UEFAチャンピオンズカップ 1991-92を制する等8つの主要タイトルを獲得した。

スペイン代表としては、FIFAワールドカップUEFA欧州選手権1988に出場した。引退後はサッカー界でディレクター職を務め、2003年から2010年6月までバルサのテクニカルディレクター, 2012年10月からイングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFCのフットボールディレクターに就任した。

経歴[編集]

レアル・ソシエダ[編集]

バスク自治州ギプスコア県オラベリア英語版に生まれたベキリスタインは、1982年18歳の頃にレアル・ソシエダの下部組織からトップチームに引き上げられプロキャリアを始めた。最初の1982-83シーズンは、デビュー年ながらリーグ戦で16試合に出場し、ルイス・アルコナーダ, ロベルト・ロペス・ルファルテ英語版, ホセ・マリア・バケーロ, ルイス・ロペス・レカルテ英語版らと共にジョン・トシャック監督の構想に不可欠な選手となった。レアルでのキャリアのハイライトは、1987年に2-2で引き分けPK戦の末勝利したコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリード戦で2得点目を決め、自身初となるタイトル獲得に貢献した時だった[2]

1987-88シーズンは、リーグ, カップ戦でレアル・マドリードFCバルセロナに敗れたことで優勝を逃し2位に終わった。それから、1ヶ月も経たないうちに後者のクラブと同僚のバケーロ, ロペス・レカルテと共に契約を結んだ[3]

バルセロナ[編集]

ホームにRCDエスパニョールを迎えたバルセロナダービーで得点を決め2-0で勝利した試合でデビューをし[4]UEFAカップウィナーズカップ決勝でUCサンプドリアを下し優勝したのが、シーズン最後の試合だった。リーグ戦38試合12得点, 欧州カップ戦9試合2得点を記録。この年を皮切りに、ヨハン・クライフ率いるエル・ドリーム・チームの一員として数々のタイトルを獲得し、黄金期を築いていった。在籍7シーズンで公式戦出場300試合以上, リーグ戦で63得点を記録(1991年2月24日のレアル・バジャドリード戦とその2年後、1993年2月26日のレアル・サラゴサ戦でハットトリックを達成した[5][6])。

1991-92シーズンのチャンピオンズカップ決勝では出場はしなかったが、ベンチ入り、優勝を果たした[7]。1992-93シーズンはキャリア最高の15得点を挙げた[8]。また同シーズンは最終節まで首位はレアルマドリード、バルセロナは2位であった。その最終節のレアル・ソシエダ戦でサイドからの折り返しでストイチコフの決勝点をアシスト、レアルマドリードがテネリフェと引き分けという結果になり、バルセロナは逆転で優勝を決め[9]、このシーズンの優勝に重要な役割を果たした。翌1993-94シーズンはリーグ4連覇を果たし、UEFAチャンピオンズリーグでも決勝まで勝ち上がり、決勝のACミラン戦で先発出場し53分までプレーしたが、0-4と破れ2度目の優勝を逃した[10]

ラ・コルーニャ [編集]

1995年、バルサでのベキリスタインの重要性が徐々に失われていた(それでも、最後の2シーズンで44試合13得点を記録したが)ことにより、かつての同僚ジョン・トシャック監督とロペス・レカルテの2人の誘いに応じデポルティーボ・ラ・コルーニャに加入した。その後、2-1で勝利したスーペルコパ・デ・エスパーニャ第2戦、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリード相手に得点を決め優勝に貢献した。

デポルでの最後のシーズンはわずか出場10試合だったものの、最終節のCFエストレマドゥーラ戦で決勝ゴールを決め、リーグ戦3位入賞に貢献した。

浦和レッズ[編集]

1997年、J1浦和レッドダイヤモンズへ移籍。在籍中は福田正博の得点をよくアシストした[11]。1997年8月2日、Jリーグデビューから2試合目の横浜マリノス戦でJリーグ初ゴールを決めた[12]。同年の8月30日の鹿島アントラーズ戦に先発出場[13]、キャリア通算600試合出場を達成した。9月3日の名古屋グランパスエイト戦では移籍後初の2ゴールを決めて勝利に貢献した[14]。翌1998年は9月5日のヴェルディ川崎戦でゴールを決め[15]、リーグ戦キャリア通算100ゴールを達成するなど、リーグ戦では30試合9ゴールを記録[12]、リーグ戦3位の成績に貢献した[1]。1999年、9月22日のガンバ大阪戦での決勝ゴールが[16]現役ラストゴールとなった。同年、11月27日のJリーグ最終節サンフレッチェ広島戦に出場したのを最後に現役引退した[11]

ディレクター職[編集]

引退後は、カタルーニャ州に本部を置くカタルーニャテレビに勤め、2003年からバルセロナのディレクターに就任し[17][18]、2010年6月29日にジェネラル・マネージャーのジョアン・オリベルから会長のジョアン・ラポルタの辞任とともに退任することが発表された[19]

2012年10月28日、イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティにディレクターとして契約を結んだ[20][21]

代表[編集]

1988年2月24日、マラガで行われ1-2で敗れたチェコスロバキアとの親善試合でスペイン代表デビューして以降、22試合6得点を記録した。

UEFA欧州選手権1988, 1994 FIFAワールドカップの2大会に出場し、後者のベスト16スイス戦に途中出場からPKを決め3-0で勝利した試合[22] が、代表最後となった。

所属クラブ[編集]

ユース
プロ

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
1982-83 レアル・ソシエダ 16 0
1983-84 レアル・ソシエダ 33 3
1984-85 レアル・ソシエダ 31 5
1985-86 レアル・ソシエダ 29 1
1986-87 レアル・ソシエダ 42 9
1987-88 レアル・ソシエダ 36 5
1988-89 バルセロナ 37 12
1989-90 バルセロナ 37 10
1990-91 バルセロナ 34 6
1991-92 バルセロナ 34 7
1992-93 バルセロナ 37 15
1993-94 バルセロナ 20 7
1994-95 バルセロナ 24 6
1995-96 ラ・コルーニャ 33 2
1996-97 ラ・コルーニャ 10 2
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1997 浦和 10 J 15 4 2 0 2 0 19 4
1998 浦和 11 J 30 9 4 2 3 0 37 11
1999 浦和 11 J1 16 3 4 1 0 0 20 4
通算 スペイン
日本 J1 61 16 10 3 5 0 76 19
総通算

タイトル[編集]

レアル・ソシエダ
FCバルセロナ
デポルティーボ・ラ・コルーニャ

脚注[編集]

  1. ^ a b “ラウドルップ、ストイコヴィッチ、リュングベリ…ユーロでプレーした歴代外国人Jリーガーを振り返る=”. excite.co.jp. https://www.excite.co.jp/news/article/Soccerking_460658/?p=8 2020年4月8日閲覧。 
  2. ^ "Spain - Cup 1987"
  3. ^ "Del 'Dream Team' a los despachos"
  4. ^ "El Barça volvió a explotar en la segunda parte"
  5. ^ "Del susto... a la apisonadora"
  6. ^ "El Barça ensaya la euro-remontada"
  7. ^ “1992 European Cup final: Barcelona – Sampdoria 1:0”. spielverlagerung.com/. https://spielverlagerung.com/2016/03/25/retro-analysis-1992-european-cup-final-barcelona-10-sampdoria/ 2020年4月8日閲覧。 
  8. ^ “Txiki_Begiristain”. national-football. https://www.national-football-teams.com/player/14794/Txiki_Begiristain.html 2020年4月8日閲覧。 
  9. ^ 『得点王の真実 ストイチコフ自伝』ゼスト、P.61-67 1998年。ISBN 978-4883770373
  10. ^ “Barcelona mesmerised by magic of Milan: Italians champions ignore their status as underdogs to reach Olympian heights in the humiliation of Spaniards ,”. The Independent. https://www.independent.co.uk/sport/football--european-cup-final-barcelona-mesmerised-by-magic-of-milan-italians-champions-ignore-their-status-as-underdogs-to-reach-olympian-heights-in-the-humiliation-of-spaniards-1437121.html 2020年4月8日閲覧。 
  11. ^ a b “浦和の命運がかかる大一番で下された、エース 福田正博への非情采配 - Sportiva”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2018/01/16/___split_6/index_2.php 2020年4月8日閲覧。 
  12. ^ a b “ベギリスタイン”. j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=4249 2020年4月8日閲覧。 
  13. ^ “1997Jリーグ 2ndステージ 第8節”. j-league. http://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=3060 2020年4月8日閲覧。 
  14. ^ “1997Jリーグ 2ndステージ 第9節”. j-league. http://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=3068 2020年4月8日閲覧。 
  15. ^ “1998Jリーグ 2ndステージ 第3節”. j-league. http://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=3794 2020年4月8日閲覧。 
  16. ^ “1999Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第10節”. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=4709 2020年4月8日閲覧。 
  17. ^ "リケルメ、バルサに別れ"
  18. ^ "Rome ready to welcome European superpowers"
  19. ^ "Begiristain leaves Barcelona"
  20. ^ "Manchester City appoint Txiki Begiristain as director of football"
  21. ^ "Ex-Barça: Txiki Begiristain takes up role at Manchester City" Archived 2012年10月30日, at the Wayback Machine.
  22. ^ "WORLD CUP '94; Spain Flicks Off All Efforts By Swiss"

関連項目[編集]

外部リンク[編集]