フランシスコ・ホセ・カラスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカラスコ第二姓(母方の)はイダルゴです。
フランシスコ・ホセ・カラスコ Football pictogram.svg
名前
本名 フランシスコ・ホセ・カラスコ・イダルゴ
Francisco José Carrasco Hidalgo
愛称 El Lobo(エル・ロボ、狼)
ラテン文字 Francisco CARRASCO
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1959-03-06) 1959年3月6日(58歳)
出身地 アルコイ
身長 183cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978
1978
1978-1989
1989-1992
1992
スペインの旗 バルセロナB
スペインの旗 タラサ (Loan)
スペインの旗 バルセロナ
フランスの旗 ソショー
スペインの旗 フィゲレス
14 (3)
6 (1)
262 (49)
71 (2)
5 (0)
代表歴
1977
1978
1979
1979-1983
1979-1988
U-18スペイン
U-21スペイン
U-23スペイン
スペイン・アマチュア
スペインの旗 スペイン
2 (1)
2 (0)
5 (1)
7 (1)
35 (5)
監督歴
2005-2006
2007-2008
スペインの旗 マラガCFB
スペインの旗 オビエド
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランシスコ・ホセ・カラスコ(Francisco Carrasco、1959年3月6日 - )は、スペインアルコイ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。スペイン代表であった。現役時代のポジションはミッドフィールダー(ウイング)。

9シーズンに渡ってFCバルセロナでプレーし、公式戦350試合以上に出場して10個のタイトルを獲得した。9年間に渡ってスペイン代表でプレーし、UEFA欧州選手権1980UEFA欧州選手権19841986 FIFAワールドカップに出場した。

経歴[編集]

選手[編集]

アリカンテ県・アルコイに生まれたが、FCバルセロナの下部組織で育ち、1978-79シーズン途中にトップチームデビュー。創造的なドリブルを武器にリーガ・エスパニョーラや欧州カップ戦で活躍した。デビューシーズンのUEFAカップウィナーズカップでも輝きを見せ、決勝ではフォルトゥナ・デュッセルドルフ(ドイツ)を延長戦の末に破って優勝した。1984-85シーズンにはリーグ優勝を果たし、1985-86シーズンにはUEFAチャンピオンズカップで準優勝。バルセロナでは1989年までにリーグ戦262試合に出場して50得点近くを挙げた。1989年にディヴィジョン・アンFCソショーに移籍し、3シーズンで71試合に出場。1992年にカタルーニャ州のUEフィゲレスで短期間プレーして現役引退した。

1979年4月4日、ルーマニアとの親善試合(2-2)でスペイン代表デビューした。1980年にはイタリアで開催されたUEFA欧州選手権1980に出場し、1984年にはフランスで開催されたUEFA欧州選手権1984に出場。1984年大会ではルーマニア戦(1-1)でPKによる得点を挙げ、準優勝したチームで全5試合に出場した。1986年にはメキシコで開催された1986 FIFAワールドカップのメンバーに選出されたが、ベスト8となったチームで1試合も出場機会がなかった。

指導者[編集]

現役引退後は指導者の世界に入り、2005-06シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)のマラガCF Bを率いたが、結局シーズン終了後にセグンダ・ディビシオンB(3部相当)降格となった。2007-08シーズンは下部リーグのレアル・オビエドを指揮した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • FCバルセロナ
UEFAカップウィナーズカップ 優勝 : 1978–79, 1981–82, 1988–89
プリメーラ・ディビシオン 優勝 : 1984-85
コパ・デル・レイ 優勝 : 1980–81, 1982–83, 1987–88
スーペルコパ・デ・エスパーニャ 優勝 : 1995
コパ・デ・ラ・リーガ 優勝 : 1980–81, 1982–83, 1987–88
UEFAチャンピオンズカップ 準優勝 : 1985-86

代表[編集]

  • スペイン代表
UEFA欧州選手権 準優勝 : 1984

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

外部リンク[編集]