エレナ・ドルレアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エレナ・ドルレアンス
Elena d'Orléans
Hélène d'Orléans.jpg
1885年頃のエレーヌ
出生 1871年6月13日
イギリスの旗 イギリストゥイッケナム
死去 (1951-01-21) 1951年1月21日(79歳没)
イタリアの旗 イタリアカステッランマーレ・ディ・スタービア
埋葬  
イタリアの旗 イタリアナポリ、マードレ・デル・ブオン・コンシーリョ教会
配偶者 アオスタ公エマヌエーレ・フィリベルト
子女 アメデーオ
アイモーネ
父親 パリ伯フィリップ
母親 マリー=イザベル・ドルレアン
テンプレートを表示

エレナ・ドルレアンスイタリア語名:Elena d'Orléansフランス語全名:Hélène Louise Françoise Henriette d'Orléans1871年6月13日 - 1951年1月21日)は、イタリアアオスタ公エマヌエーレ・フィリベルトの妻。フランス語名はエレーヌ。

生涯[編集]

フランス王位請求者パリ伯フィリップとその妻マリー=イザベル・ドルレアンの次女として、イギリスのトゥイッケナムで生まれた。少女時代のエレーヌは、イギリス王子のクラレンス公アルバート・ヴィクターの花嫁候補とされた。しかし、父フィリップが結婚に伴いエレーヌがイングランド国教会に改宗することに難色を示したため、成立しなかった。次に、皇太子ニコライ(のちのニコライ2世)の花嫁を探すためヨーロッパを歴訪していたロシア皇帝アレクサンドル3世に見初められたが、ニコライがヘッセン大公女アリックスと恋仲になったことから、これもご破算となった。

1895年、キングストン=オン=テムズでエマヌエーレ・フィリベルトと結婚した。

第一次世界大戦リビアで、エレナは志願して看護婦として赤十字社で働き、戦後に勲章を授けられた。その後、研究のためにアフリカ、極東、オーストラリアを旅行した。

1931年、エマヌエーレ・フィリベルトと死別した。1936年、オットー・カンピオーニ大佐と再婚した。

第二次世界大戦中、エレナはファシズムの擁護者となり、彼女の息子たちはムッソリーニに重用された。彼女が熱烈なイタリア愛国者に転向したことは生家のオルレアン家に衝撃を与え、エレナと両親の仲は断絶してしまった。

1951年、カステッランマーレ・ディ・スタービアで死去した。ナポリのマードレ・デル・ブオン・コンシーリョ教会に埋葬された。

子女[編集]