マリー=イザベル・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリー=イザベル・ドルレアン
Marie-Isabelle d'Orléans
オルレアン家
Marie-Isabelle Comtesse de Paris.jpg
成婚時のマリー=イザベル
称号 パリ伯爵夫人
出生 (1848-09-21) 1848年9月21日
スペインの旗 スペイン王国セビーリャ
死去 (1919-07-20) 1919年7月20日(70歳没)
スペインの旗 スペイン王国、ビリャマンリケ・デ・ラ・コンデサ
配偶者 パリ伯フィリップ
父親 モンパンシエ公アントワーヌ
母親 ルイサ・フェルナンダ・デ・ボルボン
テンプレートを表示

マリー=イザベル・ドルレアンフランス語Marie-Isabelle d'Orléans, 1848年9月21日 - 1919年7月20日)は、フランスルイ・フィリップ王太孫パリ伯フィリップの妻。スペイン王女の称号も持っていた。スペイン語名はマリア・イサベル・デ・オルレアンスMaría Isabel de Orleans)。

生涯[編集]

モンパンシエ公アントワーヌとその妻であるスペイン王女ルイサ・フェルナンダイサベル2世の妹)の長女として、セビーリャで生まれた。スペイン王フェルナンド7世とフランス王ルイ・フィリップの孫にあたる。

1864年5月30日、父方の従兄にあたるパリ伯フィリップと結婚、8子をもうけた。

フランスから追われたフィリップ夫妻は、最初イギリスへ移った。1871年に帰国が許され、一家はパリのオテル・マティニョンノルマンディーのユー城で暮らした。

1886年、パリ伯一家は再びフランスを追放された。1894年、亡命先のイギリス・バッキンガムシャーでパリ伯フィリップは死去した。未亡人となったマリー=イサベルはフランスのランダン城で暮らし、1919年にスペインのビリャマンリケ・デ・ラ・コンデサ(セビリア県の町)で死去した。

参考文献[編集]

  • Généalogie des rois et des princes by Jean-Charles Volkmann Edit. Jean-Paul Gisserot (1998)

外部リンク[編集]