ジャン (ギーズ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン・ドルレアン
Jean d'Orléans
Jean d'Orléans (1874-1940).jpg
称号 ギーズ公
全名 Jean Pierre Clément Marie
ジャン・ピエール・クレマン・マリー
出生 (1874-09-04) 1874年9月4日
フランスの旗 フランス共和国パリ
死去 (1940-08-25) 1940年8月25日(65歳没)
スペインの旗 スペインララーチェ
配偶者 イザベル・ドルレアン
子女
父親 シャルトル公ロベール・ドルレアン
母親 フランソワーズ・ドルレアン
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

ジャン・ドルレアンフランス語: Jean d'Orléans, 1874年9月4日 - 1940年8月25日)は、フランスの旧王家オルレアン家の家長。ギーズ公フランス語: Duc de Guise)の儀礼称号で呼ばれた。フランス人の王ルイ=フィリップ1世の曾孫にあたる。

生涯[編集]

シャルトル公ロベールの三男(第5子)としてパリに生まれる。母はロベールの従妹のフランソワーズ

1899年、従妹にあたるイザベルパリ伯フィリップの三女)と結婚した。

イザベルとの間に1男3女を儲けた。

オルレアン派のフランス王位請求者「フィリップ8世」であった従兄のオルレアン公フィリップ(イザベルの兄)が1926年に死去すると、ジャンが名目上のフランス王「ジャン3世フランス語: Jean III)」となった。この王位請求は、同じく「ジャン3世」とされた正統派(レジティミスト)のフランス王位請求者であるボルボン家モンティソン伯フアンと競合していた。

1940年、スペイン領モロッコ英語版ララーチェで死去した。

幼少期のジャンと姉マルグリット(ガブリエル・フェリエール画、1880年)
先代:
フィリップ8世
ブルボン=オルレアン家家長
フランス王位請求者
オルレアン派連合派
1926年 - 1940年
次代:
アンリ6世