ルイサ・フェルナンダ・デ・ボルボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイサ・フェルナンダ・デ・ボルボーン
Luisa Fernanda de Borbón
Maria Luisa de Bourbon, duchess de Montpensier.jpg
ルイサ・フェルナンダ・デ・ボルボン、フランツ・ヴィンターハルター
称号 モンパンシエ公妃
出生 (1832-01-30) 1832年1月30日
マドリード
死去 (1897-02-02) 1897年2月2日(65歳没)
セビーリャ
埋葬  
エル・エスコリアル修道院
配偶者 モンパンシエ公アントワーヌ
子女 一覧参照
父親 スペインフェルナンド7世
母親 マリア・クリスティーナ・デ・ボルボン
テンプレートを表示

ルイサ・フェルナンダ・デ・ボルボン(Luisa Fernanda de Borbón, 1832年1月30日 - 1897年2月2日)は、モンパンシエ公アントワーヌの妻。

生涯[編集]

スペインフェルナンド7世と王妃マリア・クリスティーナ・デ・ボルボンの次女としてマドリードで生まれた。同母姉イサベル2世が幼くして即位したことから、イサベル2世王女イサベルが誕生する1851年まで、長きにわたって王位継承順位第1位の立場にあった。

姉イサベル2世は従兄のフランシスコ王子と婚約していたが、王子が同性愛者であるとする噂が広まっていた。これを耳にしたフランス王ルイ・フィリップは、イサベル2世に子供がない場合ルイサ・フェルナンダ王女に王位が継承されるとし、自らの末子であるモンパンシエ公アントワーヌとの婚約を成立させた。

1846年10月10日、イサベル2世とフランシスコ王子、ルイサ・フェルナンダとモンパンシエ公の結婚式が同時に執り行われた。アントワーヌは結婚によってスペイン王子(Infante de España)の身分を得た。彼がスペイン王位継承を企んだために、ルイサ・フェルナンダとイサベル2世の仲は緊張することとなった。モンパンシエ公夫妻はマドリードを離れざるをえなくなり、セビーリャで暮らした。

イサベル2世の退位と亡命で、ルイサ・フェルナンダ一家も国外へ亡命した。晩年、未亡人となったルイサ・フェルナンダはセビーリャへ戻り、そこで没した。遺体はエル・エスコリアル修道院へ埋葬された。

子女[編集]

モンパンシエ公夫妻の紋章