トミスラヴ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トミスラヴ2世
Tomislav II.
クロアチア国王
Prince Aimone of Savoy - restored.jpg
在位 1941年5月18日1943年10月12日
別号 アオスタ公爵、スポレート公爵
全名 アイモーネ・ロベルト・マルゲリータ・マリーア・ジュゼッペ・トリノ・ディ・サヴォイア
出生 1900年3月9日
イタリア王国の旗 イタリア王国トリノ
死去 1948年1月29日(満47歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチンブエノスアイレス
埋葬  
イタリアの旗 イタリアトリノスペルガ聖堂英語版
配偶者 イレーネ・ディ・グレチア
子女 アメデーオ3世
王家 サヴォイア=アオスタ家
父親 アオスタ公エマヌエーレ・フィリベルト
母親 エレナ・ドルレアンス
テンプレートを表示

アイモーネ・ディ・サヴォイア=アオスタイタリア語: Aimone di Savoia-Aosta1900年3月9日 - 1948年1月29日)は、イタリア王国の王族で、第4代アオスタ公爵(在位:1942年3月3日 - 1948年1月29日)、クロアチア独立国の国王(在位:1941年5月18日 - 1943年10月12日)。クロアチア国王としてはトミスラヴ2世クロアチア語: Tomislav II.)と呼ばれる。

全名はアイモーネ・ロベルト・マルゲリータ・マリーア・ジュゼッペ・トリノ・ディ・サヴォイアイタリア語: Aimone Roberto Margherita Maria Giuseppe Torino di Savoia)。

生涯[編集]

1900年、第2代アオスタ公爵エマヌエーレ・フィリベルト(スペイン国王アマデオ1世と妃マリア・ビトリアの子)とエレナ妃(オルレアン公爵フィリップとスペイン王女マリア・イザベルの娘)の第2子としてトリノで生まれた。曾祖父はイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世であり。サヴォイア家の支流のサヴォイア=アオスタ家の出身であった。

1904年9月22日、生涯の称号となるスポレート公爵に叙された[1]1921年4月1日、アイモーネ王子は、イタリア王国元老院の議員となった。当時、サヴォイア家の王子たちは、21歳で元老院議員となり、投票権は25歳から認められていた[2]

1929年、叔父アブルッツィ公ルイージ・アメデーオが、カラコルム山脈K2ヘの登頂を試みてから20年後、アイモーネ王子はカラコルム山脈への遠征隊を率いた。その遠征隊の隊員には、アルディート・デジオ英語版も加わっていた。20年前の叔父のK2登頂失敗もあって、アイモーネ王子の遠征隊はもっぱら当地の学術調査に専念した[3][4]。これによって、1932年にはイギリス王立地理学会 (RGS) から金メダル(パトロンズ・メダル)を授与された[5]

スペイン国王アルフォンソ13世 (スペイン王)の娘インファンテベアトリスと恋仲になった後[6]1939年7月1日に、アイモーネ王子はギリシャ国王コンスタンティノス1世プロイセン出身の王妃ソフィアの間の娘であるイレーネと、フィレンツェで結婚した。負債の間には、子息アメデーオ・ディ・サヴォイア=アオスタ1943年に生まれた。

第二次世界大戦中の1941年ドイツ・イタリアの枢軸軍ユーゴスラビアを占領すると、クロアチアの大部分とボスニア・ヘルツェゴビナを併せ、クロアチア独立国を創設した。そしてクロアチア政府の首班アンテ・パヴェリッチは、イタリアから国王を迎えようとムッソリーニに打診し、アイモーネが選ばれた。

1941年5月18日、アイモーネはクロアチア建国の英雄トミスラヴTomislav)の名を取り、クロアチア国王トミスラヴ2世たることを宣言した。しかし、クロアチア王位は形式的意義しか持たず、如何なる実際上の権力も有さなかった。また、クロアチア人によるテロを恐れ、自らの領土には足を踏み入れず、フィレンツェに留まった。そして、連合国に対するイタリアの降伏を受け、1943年10月12日にクロアチア王位を放棄した。

一方、兄の第3代アオスタ公爵アメデーオタンガニーカのイギリス軍捕虜収容所で死亡したため、1942年3月3日、第4代アオスタ公爵の地位を継承した。

戦後、国民投票に基づきイタリアの王制が廃止され、サヴォイア家が国外追放されると、アイモーネはアルゼンチンに移住した。そして、1948年ブエノスアイレスで死去した。

家族[編集]

1939年7月1日ギリシャ国王コンスタンティノス1世ソフィア王妃の娘であるイレーネ王女とフィレンツェで結婚し、1男を儲けた。

称号[編集]

トミスラヴ2世の国王時代の正式な称号は以下の通りである。

脚注[編集]

  1. ^ The Peerage
  2. ^ “Prince is Italian Senator”. New York Times: p. 10. (1921年4月2日) 
  3. ^ K2 - The Savage Mountain
  4. ^ K2 2004 - 50 years later
  5. ^ List of Past Gold Medal Winners”. Royal Geographical Society. 2015-08--24閲覧。
  6. ^ “Milestones”. Time Magazine. (1930年4月21日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,739128,00.html 

関連項目[編集]

先代:
カルロ4世
クロアチア国王
1941年5月 - 1943年10月
次代:
(王位請求者:ズヴォニミル2世
先代:
アメデーオ2世
アオスタ公
1942年 - 1948年
次代:
アメデーオ