エルンスト・カントロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト・カントロヴィチ(Ernst Hartwig Kantorowicz, 1895年5月3日 - 1963年9月9日)は、ドイツおよびアメリカ合衆国歴史学者。ヨーロッパ中世政治思想史を専攻。

ドイツ帝国のポーゼン(現在のポーランドポズナン)生まれ。第一次世界大戦でドイツ軍の兵士として従軍したあと、ベルリン大学ミュンヘン大学ハイデルベルク大学で学ぶ。フランクフルト大学教授となるが、ナチスの迫害を逃れ、イギリスを経て、最終的に1938年アメリカ合衆国に亡命。カリフォルニア大学バークレー校プリンストン高等研究所で教える。

著書[編集]

単著[編集]

  • Frederick the Second, 1194-1250, (Constable, 1931).
  • The King's Two Bodies: A Study in Mediaeval Political Theology, (Princeton University Press, 1957).
  • Selected Studies, (J. J. Augustin, 1965).
  • 『祖国のために死ぬこと』、甚野尚志訳、みすず書房、1993年、新装版2006年、以下6篇を収録
     中世政治思想における「祖国のために死ぬこと」、国家の神秘、「キリスト」と「国庫」
     法学の影響下での王権、ダンテの「ふたつの太陽」、芸術家の主権

外部リンク[編集]