甚野尚志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

甚野 尚志(じんの たかし、1958年 - )は、日本の歴史学者早稲田大学教授。専攻はヨーロッパ中世史。

来歴[編集]

福島県福島市生まれ。福島県立福島高等学校を経て、1980年東京大学文学部西洋史卒、1983年同大学院修士課程修了、京都大学人文科学研究所助手、1986-1987年ハーヴァード大学エンチン研究所客員研究員、1988-1989年マックス・プランク歴史研究所客員研究員、1990年東京大学教養学部助教授、2007年東京大学大学院総合文化研究科教授、2008年早稲田大学文学学術院教授。

著書[編集]

  • 『隠喩のなかの中世-西洋中世における政治表徴の研究-』弘文堂 1992.10
  • 『中世ヨーロッパの社会観』講談社学術文庫 2007.6
  • 『中世の異端者たち 世界史リブレット』山川出版社 1996.7
  • 『十二世紀ルネサンスの精神-ソールズベリのジョンの思想構造-』知泉書館 2009.3

共編著[編集]

翻訳[編集]