エドウィン・バレロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドウィン・バレロ
Edwin Valero.jpg
2009年3月29日撮影
基本情報
本名 エドウィン・バレロ
通称 Dinamita(ダイナマイト)
El Inca(インカ)
El Terminator(ターミネーター)
階級 ライト級
身長 168cm
リーチ 175cm
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
誕生日 (1981-12-03) 1981年12月3日
出身地 メリダ
死没日 (2010-04-19) 2010年4月19日(28歳没)
死没地 カラボボ州バレンシア
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 27
KO勝ち 27
敗け 0
テンプレートを表示

エドウィン・バレロEdwin Valero、男性、1981年12月3日 - 2010年4月19日)は、ベネズエラの元プロボクサー。プロとしての全戦においてKO勝利した。そのため「Dinamita(ダイナマイト)」の異名を持っていた。世界2階級制覇(第34代WBC世界ライト級王者、第25代WBA世界スーパーフェザー級王者)。

生涯プロ戦績27戦全KO勝利。世界王者クラスとしては、史上ただ一人のパーフェクトレコード保持者である。またプロデビューからの18戦はすべて初回KO勝ち。

来歴[編集]

前歴[編集]

12歳からボクシングを始める、同時にこの頃からコカインと飲酒をやりはじめ、道端で仲間と屯するようになり学校も中退した[1]。86勝(57KO)6敗のアマチュア戦績を残す[2]

2001年2月5日、バイク事故を起こす。ヘルメットを装着していなかったバレロは頭蓋骨を骨折、脳からも出血し手術を受ける。

2002年7月9日に20歳でプロデビュー。デビュー戦から12戦連続初回KO勝利を記録、ゴールデンボーイプロモーションズと契約しHBOでの試合放送も決定[3]、順風満帆かと思われた矢先の2004年1月に、ニューヨーク州コミッションのMRI検査で脳溢血が発見され(2001年に起こしたバイク事故の後遺症)、ライセンス停止処分を受ける[4]。この処分によりバレロはアメリカ全土で試合が出来なくなった。バレロはカリフォルニア州の医師からボクシングをするのには問題ないとの診断を受け、その診断結果をニューヨーク州コミッションへ提出したが、コミッションが処分を解除することは無かった[3]

日本を主戦場に[編集]

米国のコミッションにてライセンスが停止されたが、米国以外の国では試合ができた。そこに目を付けた日本の帝拳プロモーション本田明彦会長の目に留まり、同プロモーションと契約して来日、家族と共に東京で生活を始める。

日本ではバレロより先に来日していた同国人のホルヘ・リナレスと共に帝拳ジムでトレーニングを行なった。

1年半近いブランクを経て、2005年5月21日のエルナン・バレンズエラ(アルゼンチン)戦で再起、ブランクを感じさせないファイトで初回KO勝ちを飾って以降は、その強さに対戦相手を探すのが困難になるほどだった。阪東ヒーロー(フォーラムスポーツ)との試合では「バレロが1RKO勝ちを逃せば、対戦相手に100万円を与える」という異例の賞金マッチであったが、公約通りに1RKO勝ちを収めた。1RKO勝ちが極端に多いバレロであったが、この試合が一番それを意識した試合だったと語っていた。

2006年2月25日、ベネズエラでワイベル・ガルシア(パナマ)を初回TKOに降し、WBAラテンアメリカ・スーパーフェザー級王座獲得。これでプロデビューから18戦連続初回KO勝利となり、歴代2位の記録となった[5]

2006年3月25日、神戸でノンタイトル戦を行い、2回TKO勝ち。連続初回KO記録こそ途切れたものの、デビューからの連続KO勝利は19に伸びる。

2006年8月5日、20戦目で世界初挑戦。パナマ・パナマ市でWBA世界スーパーフェザー級王者ビセンテ・モスケラ(パナマ)に挑む。ダウンを奪われるなどの苦戦を強いられたものの、最後は10回2分00秒TKO勝ちを収め、王座奪取に成功[6]

2007年1月3日、有明コロシアムで初防衛戦。同級12位ミチェル・ロサダ(メキシコ)と対戦し、初回1分12秒KO勝ち[7]。3試合ぶりの初回KO勝ちを収めた。

2007年5月3日、有明コロシアムで王座2度目の防衛戦を行った。これは指名試合だったが、同級1位のマニー・パッキャオフィリピン)はWBC王座挑戦を念頭に置きつつ、米国でのビッグマッチを計画中のため、同級2位の本望信人角海老宝石)が繰り上がりで指名挑戦者となった。挑戦者のタフネスの前に苦戦を強いられたが、最後は8回1分54秒負傷TKO勝ちを収める[8]

2007年12月15日、メキシコ・カンクンで3度目の防衛戦。同級13位サイド・サバレタ(メキシコ)に3回1分18秒TKO勝ち。

当時の戦場であったスーパーフェザー級は、マニー・パッキャオだけでなく、ファン・マヌエル・マルケスマルコ・アントニオ・バレラ(共にメキシコ)とスター揃いで、本人も彼らとのビッグマッチを望んでいた。

2008年2月中旬に米国テキサス州コミッションの健康診断をパスしてライセンスを取得した[3][9]

2008年6月12日、4度目の防衛戦。日本武道館で同級7位嶋田雄大ヨネクラ)と対戦し、7回1分55秒TKO勝ち[10]。この試合が日本でのラストマッチとなった。

その後ライト級に転向するため、2008年9月4日付でWBA王座返上。また夫人のホームシックから契約期間途中であったが帝拳との契約を解消し、ベネズエラへ帰国した。

アメリカへ進出[編集]

2009年2月にボブ・アラムが主催するトップランク社に移籍し、米国に拠点を移した。

2009年4月4日、アメリカ・テキサス州オースティンアントニオ・ピタルアコロンビア)とWBC世界ライト級王座決定戦で対戦。2回49秒TKO勝ちを収め、王座獲得。2階級制覇を達成した。2003年以来、約6年ぶりのアメリカでの試合であった。テキサス州コミッションのライセンスを取得した上での試合であったが、まだ他の州では試合を行えない状態であったことから、ボブ・アラムは数戦テキサス州で試合をさせたあと、ネバダ州など他の州でもライセンスを取得させたいと話した[11]

2009年9月24日、ベネズエラでバレロが母親と姉妹を殴ったとして家庭内暴力容疑で逮捕される[12]。バレロは逮捕されたことを否定した[1]。このあとアメリカのテキサス州でも飲酒運転で逮捕をされる。この2つの事件を起こしたことによりバレロがアメリカ国内でのボクシングライセンス取得がさらに困難になった[13]

2009年11月14日にラスベガスMGMグランドで行われるマニー・パッキャオ vs. ミゲール・コットの前座カードとしてウンベルト・ソト(メキシコ)との対戦が予定されていたが、米国から滞米ビザ発給を拒否され断念した[14]

2009年12月19日、初防衛戦。母国・ベネズエラにて同級14位ヘクトール・ベラスケス(メキシコ)と対戦し、6回終了TKO勝ち[15]

2010年2月6日、敵地メキシコ・モンテレイモンテレーアリーナ暫定王者アントニオ・デマルコ(メキシコ)との王座統一戦に臨み、9回終了TKO勝ち。2度目の防衛に成功し、これでデビューから27戦連続KO勝ちで歴代11位の記録となった[16][17]。この試合が生涯最後の試合となった。

デマルコとの統一戦後、スーパーライト級への転向を希望して同王座を返上したが、WBCからは2010年2月9日付でライト級休養王者として認定された[18]

妻を殺害、逮捕、そして自殺[編集]

2010年3月25日、ベネズエラでバレロの妻が肺の破裂と肋骨骨折の重傷を負った状態で病院に担ぎ込まれる。遅れて病院へやって来たバレロは妻へ警官に事情を話すなと命令し、医者と看護師を威圧して脅した。妻への暴行容疑と病院関係者を脅迫した容疑でバレロは逮捕される[19]。しかし妻は階段から落ちて怪我をしたのだと話しバレロから暴行を受けたことを否定した、バレロの母親も同じ主張をしたことで暴行容疑に関しての訴えは取り下げられた[19][20]。3月28日、バレロは薬物中毒とアルコール中毒を治療するため精神病院で6ヶ月間のリハビリ生活を送ることになる[19][21]

2010年4月18日、ベネズエラ・カラボボ州バレンシア滞在中のホテルにて、明け方、部屋を出てきたバレロがホテルの警備員に妻(24歳)を殺したと告げる、駆けつけた警官が妻の刺殺体を確認しバレロを逮捕した[19][22]。翌4月19日、警察署内の独房で履いていたスウェットパンツで首を吊って自殺を図っているバレロを別の囚人が見つける、発見時にはまだかすかに息があったが深夜1時30分頃に死亡が確認された[23]。コカインとアルコールの中毒であり精神異常を来たしていたと言われる[23][24][25]。28歳没。

亡くなった妻の母親は、最近のバレロは何も食べず一睡もせずに毎日コカイン等の薬物ばかりやっておりますます暴力的になっていると娘から生前に聞いていたと、娘の葬儀で話した[1]。妻はバレロに殺される5ヶ月前に左足を拳銃で撃たれて病院で手当てを受けており、妻は家の外で見覚えの無いオートバイに乗った男に撃たれたと証言していたが、これもバレロに撃たれたのではないかと見られている。このように妻がバレロから家庭内暴力を受けていたことを伺わせる事例が表面化しただけでも数度あったことから、行政が介入していれば妻が殺されることはなかったとベネズエラの女性団体が抗議行動を起こした[1]

エピソード・その他[編集]

  • 反米主義で知られるベネズエラ第53代大統領ウゴ・チャベスの熱烈な信奉者で友人でもあり、帝拳時代はチャベス大統領の肖像が描かれたトランクスでのプロモーション写真を撮ろうとして、アメリカ進出を企図していた帝拳・本田会長にたしなめられた一幕も。帝拳離脱後は胸にベネズエラ国旗と共にチャベス大統領のタトゥーを彫った。ゆえに米国コミッションに疎まれていたという説もある。
  • 弟にプロボクサーのルイス・バレロがいる。

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:92戦86勝(57KO・RSC)6敗
  • プロボクシング:27戦27勝(27KO)無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2002年7月9日 勝利 1R TKO エドゥアルド・ヘルナンデス ベネズエラの旗 ベネズエラ プロデビュー戦
2 2002年9月23日 勝利 1R TKO ダニー・サンドバル ベネズエラの旗 ベネズエラ
3 2002年10月26日 勝利 1R TKO アンヘル・アリリオ・リベロ ベネズエラの旗 ベネズエラ
4 2002年11月18日 勝利 1R TKO ルイス・ソト  コロンビア
5 2002年11月30日 勝利 1R KO フリオ・ピネダ ベネズエラの旗 ベネズエラ
6 2003年3月22日 勝利 1R KO ダニー・サンドバル ベネズエラの旗 ベネズエラ
7 2003年5月17日 勝利 1R TKO エドガー・メンドサ ベネズエラの旗 ベネズエラ
8 2003年5月23日 勝利 1R TKO ダリオ・フリオ  コロンビア
9 2003年7月19日 勝利 1R TKO エマニュエル・フォード アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10 2003年8月28日 勝利 1R TKO ロケ・カシアニ  コロンビア
11 2003年10月27日 勝利 1R KO アレハンドロ・ヘレディア ベネズエラの旗 ベネズエラ
12 2003年12月18日 勝利 1R TKO トーマス・サンブラノ メキシコの旗 メキシコ
13 2005年5月21日 勝利 1R TKO ヘルナン・アブラハム・バレンズエラ アルゼンチンの旗 アルゼンチン
14 2005年7月1日 勝利 1R KO エステバン・デ・ヘスス・モラレス  コロンビア
15 2005年8月13日 勝利 1R KO ホセ・ヘルナンデス  コロンビア
16 2005年9月25日 勝利 1R TKO 阪東ヒーロー (ファミリーフォーラム) 日本の旗 日本
17 2005年12月5日 勝利 1R KO アラム・ラマジャン アルメニアの旗 アルメニア
18 2006年2月25日 勝利 1R TKO ワイバー・ガルシア パナマの旗 パナマ WBAフェデラテン・スーパーフェザー級タイトルマッチ
19 2006年3月25日 勝利 2R TKO ヘナロ・トラサンコ メキシコの旗 メキシコ
20 2006年8月5日 勝利 10R TKO ビセンテ・モスケラ パナマの旗 パナマ WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ・王座獲得
21 2007年1月3日 勝利 1R TKO ミチェル・ロサダ メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1
22 2007年5月3日 勝利 8R TKO 本望信人(角海老宝石) 日本の旗 日本 WBA防衛2
23 2007年12月15日 勝利 3R TKO サイド・サバレタ メキシコの旗 メキシコ WBA防衛3
24 2008年6月12日 勝利 7R TKO 嶋田雄大(ヨネクラ) 日本の旗 日本 WBA防衛4
25 2009年4月4日 勝利 2R TKO アントニオ・ピタルア  コロンビア WBC世界ライト級王座決定戦・王座獲得
26 2009年12月19日 勝利 6R TKO ヘクトール・ベラスケス メキシコの旗 メキシコ WBC防衛1
27 2010年2月6日 勝利 10R TKO アントニオ・デマルコ メキシコの旗 メキシコ WBC防衛2(王座統一戦)
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Mother-in-law: Valero was addicted”. ESPN.com (2010年4月20日). 2013年11月26日閲覧。
  2. ^ 可能性と謎を残し逝ってしまったバレロ 原功「BOX!」 nikkansports.com 2010年4月28日
  3. ^ a b c Banned in U.S. since '04, Valero granted license in Texas”. ESPN.com (2008年3月25日). 2013年11月26日閲覧。
  4. ^ バレロのラスベガス進出に朗報 資格申請可能に ボクシングニュース「Box-on!」 2009年8月21日
  5. ^ カップ麺もウルトラマンもビックリ! ~連続1ラウンドKO記録~ 世界記録はブランソンの「19」 WOWOWオンライン 2011年3月4日
  6. ^ バレロ WBA世界スーパーフェザー級の新王者に輝く - パナマ AFPBB News 2006年8月6日
  7. ^ エドウィン・バレロ ミチェル・ロサダを1ラウンドTKOで破り初防衛に成功 - 東京 AFPBB News 2007年1月3日
  8. ^ 本望 8ラウンドTKOで王座奪取ならず - 東京 AFPBB News 2007年5月3日
  9. ^ バレロ、ラスベガス進出? ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月17日
  10. ^ バレロ 嶋田を7ラウンドTKOで下し4度目の防衛果たす AFPBB News 2008年6月13日
  11. ^ Valero makes strong statement with KO”. Ring.com (2009年4月4日). 2013年11月26日閲覧。
  12. ^ Report: Valero arrested on domestic violence charges”. USA.Today.com (2009年9月27日). 2013年11月26日閲覧。
  13. ^ Edwin Valero Arrested on Alleged Assault Charges”. BoxingScene.com (2010年3月25日). 2013年11月26日閲覧。
  14. ^ バレロの米国進出困難に ビザ発給されず ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月22日
  15. ^ バレロ26連続KO ライト級王座防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月21日
  16. ^ バレロ、27連続KOで王座統一 WBCライト級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月7日
  17. ^ 44試合連続ノックアウト勝ち! ~連続KO勝利記録~ 価値ではゴメスの32連続KOがダントツ WOWOWオンライン 2010年12月14日
  18. ^ バレロが王座返上! WBCは休暇王者扱いに ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月10日
  19. ^ a b c d Ex-lightweight champ Valero arrested”. ESPN.com (2010年4月19日). 2013年11月26日閲覧。
  20. ^ Edwin Valero in The Clear; Assault Charges are Dropped”. BoxingScene.com (2010年3月28日). 2013年11月26日閲覧。
  21. ^ Valero sent to rehab”. Fight.News (2010年3月29日). 2013年11月26日閲覧。
  22. ^ 衝撃!バレロ 妻刺殺容疑で逮捕 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月19日
  23. ^ a b Police say Valero hanged himself in cell”. ESPN.com (2010年4月19日). 2013年11月26日閲覧。
  24. ^ Aparece muerto el boxeador “Inca” Valero en los calabozos de Policarabobo(スペイン語) Boxeo-Boxing.com 2010-4-19
  25. ^ ショック! バレロ自殺 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ビセンテ・モスケラ
WBA世界スーパーフェザー級王者

2006年8月5日 - 2008年9月4日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ホルヘ・リナレス
空位
前タイトル保持者
マニー・パッキャオ
WBC世界ライト級王者

正規:2009年4月4日 - 2010年2月9日(返上)
休養:2010年2月9日 - 2010年4月19日

空位
次タイトル獲得者
ウンベルト・ソト