アントニオ・デマルコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデマルコ第二姓(母方の)はソトです。
アントニオ・デマルコ
基本情報
本名 アントニオ・デマルコ・ソト
通称 Tony de Marco
階級 スーパーライト級
身長 178cm
リーチ 180cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1986-01-07) 1986年1月7日(30歳)
出身地 シナロア州の旗 シナロア州ロスモチス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 31
KO勝ち 23
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

アントニオ・デマルコAntonio DeMarco、男性、1986年1月7日 - )は、メキシコプロボクサーシナロア州ロスモチス出身。第36代WBC世界ライト級王者。メキシカンスタイルでは珍しいサウスポー。

来歴[編集]

2004年6月21日、メキシコでプロデビュー。

2009年2月7日、NABO北米ライト級王座決定戦でアルマズベック・ライムクロフ(ウズベキスタン)と対戦し、9回終了時棄権による勝利を収め王座を獲得した。

2009年10月31日、WBC世界ライト級暫定王座決定戦で、同級2位で元WBA世界ライト級王者のホセ・アルファロニカラグア)と対戦し、10回TKO勝ちで暫定王座を獲得した[1]

2010年2月6日、メキシコ・モンテレイモンテレーアリーナで行われたWBC世界ライト級王座統一戦で、正規王者エドウィン・バレロベネズエラ)と対戦。9回終了時に棄権し王座から陥落した[2]。バレロは2か月後の4月19日に自殺したため、生涯最後の対戦相手となった[3]

2011年2月26日、WBC世界ライト級シルバー王者で同級2位のレイジェス・サンチェス(メキシコ)と対戦し、3-0の判定勝ちでシルバー王座とWBC世界ライト級王座挑戦権を獲得した[4]

2011年10月15日、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスステイプルズ・センターで行われたWBC世界ライト級王座決定戦で、世界2階級制覇王者で同級2位のホルヘ・リナレス帝拳)と対戦。リナレスの鼻筋と右まぶたがカットし流血。11回、鮮血に染まった顔面に連打を浴びせレフェリーストップ。TKO勝ちで王座返り咲きを果たした[5]

2012年3月17日、地元ロスモチスで同級15位ミゲル・ローマン(メキシコ)と対戦し、5回KO勝ちで初防衛に成功した[6]

2012年9月8日、アメリカ・カリフォルニア州オークランドオラクル・アリーナで同級15位ジョン・モリーナ・ジュニア(アメリカ)と対戦し、ライト級最短KO決着となる初回44秒TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。左ストレートが当たった途端モリナは腰砕けになって一気に後退。最後はロープ際で滅多打ちにしてダウン寸前になった所をレフェリーが救出した。

2012年11月17日、アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホールで、同級4位で元WBO世界スーパーフェザー級王者エイドリアン・ブローナー(アメリカ)と対戦し、8回に左アッパーで初ダウンを奪われるとそのままセコンドが棄権を申請し8回1分49秒TKO負けで3度目の防衛に失敗し、王座から陥落した[7]

2014年11月22日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナマニー・パッキャオVSクリス・アルギエリの前座でWBA世界スーパーライト級王者ジェシー・バルガスと対戦するが、0-3(3者とも112-116)の判定負けを喫し2階級制覇達成とはならなかった[8]

2015年6月21日、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナランセス・バルテレミーとノンタイトル10回戦で対戦し、4回にダウンを奪われ、9回にはバルテレミーがローブローで減点されるも、0-3の判定負けを喫し、引退を表明した[9][10][11]

2015年9月26日、引退を撤回してオマール・フィゲロアと対戦が決まっていたが、フィゲロアが練習中に肘を負傷して試合中止となった[12]

2015年12月12日、テキサス州サンアントニオのAT&Tセンターでオマール・フィゲロアとスーパーウェルター級契約のノンタイトル12回戦で対戦し、0-3の判定負けを喫した。

獲得タイトル[編集]

  • NABO北米ライト級王座
  • WBC世界ライト級シルバー王座
  • WBC世界ライト級暫定王座(防衛0)
  • 第36代WBC世界ライト級王座(防衛2)

脚注[編集]

  1. ^ 暫定王者デマルコ、バレロ戦に意欲 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年11月4日
  2. ^ バレロ、27連続KOで王座統一 WBCライト級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月7日
  3. ^ ショック! バレロ自殺 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月20日
  4. ^ デマルコ、挑戦権&シルバー王座ゲット ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月27日
  5. ^ リナレス大流血 デマルコに逆転TKO負け ボクシングニュース「Box-on!」 2011年10月17日
  6. ^ デマルコ初防衛 ローマンをKO ボクシングニュース「Box-on!」 2012年3月18日
  7. ^ ブロナー、デマルコ倒し2階級制覇 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月19日
  8. ^ ゾウが世界前哨戦に勝利、ロマチェンコ初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月23日
  9. ^ バルテレミーが元世界王者対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月22日
  10. ^ Antonio DeMarco To Retire After Barthelemy Defeat”. Boxing Scene.com (2015年6月23日). 2015年6月24日閲覧。
  11. ^ アントニオ・デマルコ引退へ、元WBCライト級王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月24日
  12. ^ Omar Figueroa out of September 26 PBC fight with elbow injury”. Bad Left Hook (2015年9月17日). 2015年9月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ホセ・アルファロ
WBC世界ライト級暫定王者
2009年10月31日 - 2010年2月6日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
空位
前タイトル保持者
ウンベルト・ソト
第36代WBC世界ライト級王者

2011年10月15日 - 2012年11月17日

次王者
エイドリアン・ブローナー