ホセ・アルファロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルファロ第二姓(母方の)はガッソです。
ホセ・アルファロ
JoseAlf.jpg
基本情報
本名 ホセ・アルベルト・アルファロ・ガッソ
通称 Quiebra Jicara
階級 ライト級
身長 171cm
リーチ 182cm
国籍 ニカラグアの旗 ニカラグア
誕生日 (1983-11-22) 1983年11月22日(33歳)
出身地 レオン県レオン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 27
KO勝ち 23
敗け 9
無効試合 1
テンプレートを表示

ホセ・アルファロJosé Alfaro、男性、1983年11月22日 - )は、ニカラグアプロボクサー。第35代WBA世界ライト級王者。

来歴[編集]

2004年2月28日、祖国ニカラグアで初回KO勝利でプロデビューを飾る。

2006年5月12日、空位のWBAフェデカリブスーパーライト級王座決定戦に出場するが、10回判定で敗れる。

2006年10月6日、空位のWBAフェデセントロライト級王座決定戦に出場するがまたしても判定で敗れる。その後、ニカラグアでノンタイトル戦をいくつか行い、それらをKO勝利で飾る。

2007年7月13日、空位のWBAフェデボルライト級王座決定戦でロサノ・ローレンスと対戦し、2回KO勝ち。王座を獲得した。

2007年12月29日、ファン・ディアススーパー王座昇格に伴い空位となっていたWBA世界ライト級王座決定戦でプラウェート・シンワンチャーと対戦し、判定勝ち。WBA世界ライト級王座を獲得した。

2008年5月19日、ディファ有明小堀佑介日本の旗 日本角海老宝石ボクシングジム)に3回KO負けを喫し、世界王座初防衛に失敗した[1]

2009年10月31日、WBC世界ライト級暫定王座決定戦でアントニオ・デマルコと対戦し、10回TKO負けで王座獲得はならなかった[2]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小堀、世界獲った! アルファロを3回で降す ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年5月20日
  2. ^ 暫定王者デマルコ、バレロ戦に意欲 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年11月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ファン・ディアス
第35代WBA世界ライト級王者

2007年12月29日 - 2008年5月19日

次王者
小堀佑介