エットーレ・マヨラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ettore Majorana.jpg

エットレ・マヨラナEttore Majorana1906年8月5日 - 1938年に行方不明)はイタリア物理学者である。エンリコ・フェルミのチームで活躍した。1938年行方不明となった。

シチリア島カターニアに生まれた。数学的な才能にあふれ、ローマ大学のフェルミのチームで活躍した。1933年に核力の理論として中性子と陽子の交換力を考え、これはマヨラナ力と呼ばれる。1937年に中性粒子(粒子と反粒子が同じ)の理論を作り、中性粒子はマヨラナ粒子と呼ばれる。

イタリアで人種法が制定され、フェルミらが公職から追放された1938年ナポリからパレルモへ移動する船のなかで行方不明となった。自殺説、外国による誘拐説、亡命説などがあり、イタリアの作家レオナルド・シャーシャ が"La scomparsa di Majorana (マヨラナの失踪)"(1975)という著書であつかった。

関連書籍[編集]