エグルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Égletons
Blason ville fr Égletons (Corrèze).svg
Lycée-Pierre-Caraminot.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) コレーズ県Blason département fr Corrèze.svg
(arrondissement) チュール郡
小郡 (canton) エグルトン小郡
INSEEコード 19073
郵便番号 19300
市長任期 ミシェル・パヤスー[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Ventadour
人口動態
人口 4 471人
2011年
人口密度 265人/km2
住民の呼称 Égletonnais, Égletonnaise
地理
座標 北緯45度24分26秒 東経2度02分46秒 / 北緯45.407222度 東経2.046111度 / 45.407222; 2.046111座標: 北緯45度24分26秒 東経2度02分46秒 / 北緯45.407222度 東経2.046111度 / 45.407222; 2.046111
標高 平均:m
最低:533m
最高:800m
面積 16.85km2 (1 685ha)
Égletonsの位置(フランス内)
Égletons
Égletons
公式サイト Le site de la mairie
テンプレートを表示

エグルトンÉgletonsオック語:Aus Gletons)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏コレーズ県コミューン

地理[編集]

旧市街

中央高地に位置するエグルトンは、地理上の地方がいくつか交わる交差地点にあたる。町の背後にはリムーザン山地(北はミルヴァシュ高原、西はモネディエール山地)が連なり、町の位置はドルドーニュ川の渓谷を東側から見下ろすコレジエン高原の頂上である。

コミューンは、元の国道89号線が通っている。チュールの東30km、ユセルの西29kmの距離にある。ボルドークレルモン=フェラン間を走るオートルート 89の出口22番から約5kmである。

エグルトンは、湿度の高い海洋性気候で、冬寒く夏暑い。降雪は、冬に気温が0℃前後になると見られる。夏は時に穏やかな小春日和になる。

由来[編集]

Égletonsの名の由来は明らかになっていない。1075年にはde Glutonibus、年にはde Glotosと記されていた。

  • 人名のglutioであるという説。M. Villoutreixが書いたNoms de lieux du Limousinより。
  • 中世ラテン語のglutisであるという説。粘りのある土、または粘土を意味する。接頭辞のèsは、泥だらけの場所に関連した町の名前から拝借したもので、粘土質の土地の上に町ができたことは間違いない。ジャン・コストのRevue Lemouzi no 187より。

歴史[編集]

この古く重要なガロ=ローマと中世の町は、1059年にヴァンタドゥール一族の本拠地となった。以後、印象的な要塞はまさに岩の上のワシであり、ヴァンタドゥール家の権力の目撃者であった。ヴァンタドゥール家がエグルトンの幸運を生み出し、繁栄を確固たるものとし、豊かな芸術と文化の伝統の根源とした。トルバドゥールベルナール・ド・ヴァンタドゥールは一族で最も有名な1人で、この洗練された宮廷文化を欧州中で歌うことができた。エグルトンはいまもこの砦の遺構、ヴァンタドゥール家の紋章を掲げる5箇所の門を備えた胸壁、サンタントワーヌ教会、12世紀にできた出し狭間を備えた武装した鐘楼、ペニタン礼拝堂を保存している。

1944年8月、エグルトンの戦い(fr)が起きた。広範囲の破壊、都市解放の闘争のため住民たちの勇気が示された激しい戦闘で、中世の中心都市エグルトンはクロワ・ド・ゲール勲章(fr)の陸軍工兵隊赤星章を1948年に授与された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
3201 3669 4608 4590 4487 4087 4376 4471

参照元:1999年までEHESS[2]、2004年以降INSEE[3][4]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]