ウマノスズクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウマノスズクサ
Aristolochia debilis 3.JPG
福島県 御薬園植栽 2012年8月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: コショウ目 Piperales
: ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae
亜科 : Aristolochioideae
: ウマノスズクサ属 Aristolochia
: ウマノスズクサ A. debilis
学名
Aristolochia debilis
Siebold et Zucc.[1]
和名
ウマノスズクサ(馬の鈴草)

ウマノスズクサ(馬の鈴草、学名: Aristolochia debilis)は、ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属多年生つる植物

和名の由来は、の顔の形に似ていて、の球形の部分が馬の首に掛けるようなに似ていることから命名されたという説と、ただ単に,花の形が馬の首に掛ける鈴のようだということから命名されたという説がある。

形態・生態[編集]

多年生のつる植物だが、地上部は毎年枯れる。

葉は古代銅剣トランプスペードのマークの中間のような形をしており、緑色で質は薄い。

花は7 - 9月に咲く。葉腋から伸びる柄の先につく花は、ラッパ状に細長く、やや曲がっており、先端は平らに開いて、一端がやや尖るという奇妙なものである。基部がやや膨らんでおり、雄蘂雌蘂はここに収まる。雌性先熟で、受粉の仕組みとして、花の香りでショウジョウバエのような小型のハエを呼び、花の奥にある球形の部分に閉じ込め(途中の花筒に逆毛があるため外に出られない)、花が雄花になると花筒の逆毛が萎縮し、ハエは脱出できるようになる[2]。この時、花から脱出するときに花粉が付き、次にウマノスズクサの花に入ったときに受粉する仕組みになっている。なお、花弁に見えるのは、実際にはである。

果実は楕円形で裂け目があり、緑色から茶色に熟すると基部から果柄ごと6つに裂け、丸みを帯びた台形の平べったい種子が露出して飛散する[3]。果実ができることは非常に珍しい。

ジャコウアゲハホソオチョウなどの幼虫食草

分布・生育地[編集]

関東地方以南の日当たりのよいところ、特に程よく草刈りがされた里山河川敷に生えている。

人間との関わり[編集]

民間療法におけるウマノスズクサ[編集]

ウマノスズクサの仲間は、昔は生薬として重宝され、果実は熟れかかった頃に採取し、太陽光で乾燥させたものを馬兜鈴と呼び、咳止め気管支拡張、去に効能があるとされる。はウマノスズクサが枯れはじめる9月下旬 - 11月中旬にとり、水洗いしてから日光にさらして乾燥させたものを青木香、土木香などと呼び、ヘビなどの解毒剤打ち身炎症止め、禿の防止、腹痛止めなどとして、果実と根、ともに1日2 - 10gほどを水で煎じて服用していたが、その後だんだんとウマノスズクサの成分が解明されていくにしたがい、アリストロキア酸などの毒性物質を含むことが分かり、そのため、最近では余り使用されなくなってきている。

ウマノスズクサの成分は、ほとんどがアルカロイド系である。

ギャラリー[編集]

よく草刈りがされる河川堤防などに生育する。これは国道の法面に自生していた。 
9月上旬。左と同じ。 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年5月7日閲覧。
  2. ^ 福原達人. “ウマノスズクサ”. 植物形態学. 福岡教育大学教育学部. 2012年5月7日閲覧。
  3. ^ 本多郁夫 (2009年12月8日). “121 ウマノスズクサの果実(馬の鈴草)”. mizuaoiの写真館. 2012年5月7日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]