ウッカーマルク郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Landkreis Uckermark COA.svg Locator map UM in Germany.svg
基本情報
連邦州: ブランデンブルク州
郡庁所在地: プレンツラウドイツ語版
緯度経度: 北緯53度21分
東経13度86分
面積: 3076.9km²
人口:

120,878人(2016年12月31日現在) [1]

人口密度: 39 人/km²
ナンバープレート: UM, ANG, PZ, SDT, TP
自治体コード: 12 0 73
郡の構成: 34 市町村
郡庁舎の住所: Karl-Marx-Straße 1
17291 Prenzlau
公式ウェブサイト: landkreis.uckermark.de
郡長: ディートマール・シュルツェ (Dietmar Schulze, SPD
州内の位置
Brandenburg UM.svg
ボイツェンブルク城ドイツ語版は郡内で最も有名な名所の一つである

ウッカーマルク郡 (ドイツ語: Landkreis Uckermark) は、ドイツブランデンブルク州北東部の郡である。当郡は面積3058 km²で、1993年12月から2011年9月までドイツ最大の郡であった。

地理[編集]

ウッカーマルク郡は、ブランデンブルク州の北東の端に位置し、ポーランドとの国境に接している。郡の領域はウッカーマルクドイツ語版地方の大部分を占める。同地方にはウッカーマルク湖沼群ドイツ語版があり、多くの湖がある。景観としてのウッカーマルクの北方の一部は、メクレンブルク=フォアポンメルン州に属している(メクレンブルギッシェ=ゼーエンプラッテ郡フォアポンメルン=グライフスヴァルト郡)。アムト・ガルツ (オーダー)ドイツ語版と同じく、以前のフォアポンメルンドイツ語版の領域が、再びブランデンブルク州ウッカーマルク郡となった。南西部では森林地帯ショルフハイデドイツ語版にかかっている。

隣接する郡は、北部ではメクレンブルク=フォアポンメルン州のメクレンブルギッシェ=ゼーエンプラッテ郡とフォアポンメルン=グライフスヴァルト郡、南部ではバルニム郡、西部ではオーバーハーフェル郡である。東部のオーダー川は、ポーランドとの長い国境線となっている。ポーランドにはポリツェ郡ドイツ語版(ドイツ語名:ペーリッツ)、グリフィノ郡ドイツ語版(ドイツ語名:グライフェンハーゲン)がある。

自然保護区域[編集]

ウッカーマルク郡には、自然保護区域ドイツ語版が57ある。最大のものはメルツォウアー・フォルストドイツ語版(「メルツォウ林」)で、面積は2,830.66 ha、最小はアイスケラーベルゲ=オース・バイ・マルヒョウドイツ語版(「マルヒョウドイツ語版近郊にある氷室の山々、エスカー」)で、面積は5.16 haである。

歴史[編集]

ウッカーマルクは歴史的景観ドイツ語版であり、1945年まで数百年にわたりプロイセンブランデンブルク州ドイツ語版Provinz, プロヴィンツ)に属し、複数の郡が置かれていた。第二次世界大戦後はソ連占領地域となり、オーダー=ナイセ線の西側の残余部分でブランデンブルク州ドイツ語版Land, ラント)が新設された。

1949年にドイツ民主共和国(東ドイツ)が建国されると、1952年には州制度が廃止された。ウッカーマルク地方には、ノイブランデンブルク県に属するプレンツラウ郡ドイツ語版シュトラースブルク郡ドイツ語版テンプリーン郡ドイツ語版フランクフルト(オーダー)県ドイツ語版に属するアンガーミュンデ郡ドイツ語版が置かれた。シュヴェート/オーダードイツ語版は、フランクフルト(オーダー)県の郡独立市となった。

1990年に州が再設置されると、ウッカーマルク地方は、メクレンブルク=フォアポンメルン州に残留したシュトラースブルク (ウッカーマルク)ドイツ語版を除いて、ブランデンブルク州に属することになった。プレンツラウ郡とテンプリーン郡では住民アンケート調査が行われ、圧倒的多数でブランデンブルク州への帰属が支持された。都市ブリュッソウドイツ語版フォアポンメルンドイツ語版パーゼヴァルク郡ドイツ語版シュトラースブルク郡ドイツ語版の15の町村では住民投票が行われ、ブランデンブルク州への帰属が決定した。

1993年ブランデンブルク州郡改革ドイツ語版の一環として12月6日にウッカーマルク郡が編成され、郡庁はプレンツラウドイツ語版に定められた。領域は旧アンガーミュンデ郡ドイツ語版プレンツラウ郡ドイツ語版テンプリーン郡ドイツ語版、以前は郡独立市であったシュヴェート/オーダーからなっている。現在のウッカーマルク北東部は、歴史的景観としてのウッカーマルクには属さず、1945年以前はプロイセンのポンメルン州ドイツ語版の一部であった。

人口動態[編集]

以下の表は、ウッカーマルク郡の人口動態を示している(1990年は10月3日付、1991年からは12月31日付け)。数値は統計時の郡域によるものである(当郡成立以前の1990年から1992年の数値は、1993年12月6日の領域に合わせた数値)。

人口
1990 170,409
1991 165,542
1992 165,115
1993 163,719
1994 162,022
人口
1995 160,310
1996 159,029
1997 157,663
1998 155,723
1999 154,086
人口
2000 151,740
2001 148,606
2002 145,715
2003 143,411
2004 141,454
人口
2005 139,326
2006 137,378
2007 134,958
2008 132,837
2009 131,115
人口
2010 129,738
2011 123,731
2012 122,484
2013 121,326
2014 120,829

ベルリン=ブランデンブルク統計局は、最新の人口予測(2011年-2030年)で、2030年の人口を10万5,000人以下と予測している。 出典:ベルリン=ブランデンブルク統計局ドイツ語版ブランデンブルク州建設交通局ベルテルスマン財団ドイツ語版による詳細なデータはWikimedia CommonsのPopulation Projection Brandenburg にある。

市町村[編集]

シュヴェート/オーダーの劇場、郡内最大の都市。
テンプリーンのミューレン門、郡内第3の都市。
アンガーミュンデのマルクト広場、郡内第4の都市。

2003年の自治体構造改革の決定により、郡内には34の自治体があり、その内都市は7つある。

カッコ内は2016年12月31日[1]における人口である。

都市
(¹アムト所属市)

  1. アンガーミュンデ(13,797人)
  2. ブリュッソウドイツ語版¹(1,883人)
  3. ガルツ (オーダー)ドイツ語版¹(2,515人)
  4. リューヒェンドイツ語版(3,222人)
  5. プレンツラウドイツ語版(19,279人)
  6. シュヴェート/オーダードイツ語版(30,182人)
  7. テンプリーンドイツ語版(16,117人)

アムト非所属自治体

  1. ボイツェンブルガー・ラントドイツ語版(3,169人)
  2. ノルトヴェストウッカーマルクドイツ語版(4,272人)
  3. ウッカーラントドイツ語版(2,693人)

Municipalities in UM.png

アムトドイツ語版及び所属自治体

1. アムト・ブリュッソウ (ウッカーマルク)ドイツ語版(4,518人)

  1. ブリュッソウドイツ語版、都市*(1,883人)
  2. カルムツォウ=ヴァルモウドイツ語版(636人)
  3. ゲーリッツドイツ語版(793人)
  4. シェンケンベルクドイツ語版(609人)
  5. シェーンフェルトドイツ語版(597人)

2. アムト・ガルツ (オーダー)ドイツ語版(6,776人)

  1. カーゼコウドイツ語版(1,894人)
  2. ガルツ (オーダー)ドイツ語版、都市*(2,515人)
  3. ホーエンゼルヒョウ=グロース・ピンノウドイツ語版(785人)
  4. メシェリーンドイツ語版(802人)
  5. タントウドイツ語版(780人)

3. アムト・ゲルスヴァルデドイツ語版(4,488人)

  1. フリート=シュテーゲリッツドイツ語版(542人)
  2. ゲルスヴァルデドイツ語版*(1,592人)
  3. ミルマースドルフドイツ語版(1,448人)
  4. ミッテンヴァルデドイツ語版(367人)
  5. テンメン=リンゲンヴァルデドイツ語版(539人)

4. アムト・グラムツォウドイツ語版(6,934人)

  1. グラムツォウドイツ語版*(1,897人)
  2. グリューノウドイツ語版(926人)
  3. オーバーウッカーゼードイツ語版(1,682人)
  4. ランドウタールドイツ語版(920人)
  5. ウッカーフェルデドイツ語版(943人)
  6. ツィヒョウドイツ語版(566人)

5. アムト・オーダー=ヴェルゼドイツ語版(5,431人)

  1. ベルクホルツ=マイエンブルクドイツ語版(1,254人)
  2. マルク・ランディーンドイツ語版(997人)
  3. パッソウドイツ語版(1,464人)
  4. ピンノウドイツ語版*(876人)
  5. シェーネベルクドイツ語版(840人)

政治[編集]

郡長[編集]

郡行政の拠点プレンツラウ
  • 1994–2002:ヨアヒム・ベンティーン(Joachim Benthin, CDU)
  • 2002–2010:クレメンス・シュミッツ(Klemens Schmitz, SPD, 後に無所属)
  • 2010–:ディートマール・シュルツェ(Dietmar Schulze, SPD)

郡長の選出について見ると、ブランデンブルク州では2010年1月1日以降、直接選挙のみとなっているが、ウッカーマルク郡議会は、既に2009年4月22日にこれを宣言している[2][3]。2009年10月7日には、郡議会は直接選挙とした自らの決議を破棄し、2009年12月に郡議会で選出しようとしたものの[4]、厳しい批判を招いた[5]。しかしウッカーマルクでの直接選挙は頓挫した。郡長選挙は2010年2月28日に行われ、2010年3月14日には決選投票が行われたが、いずれの候補者も定足数となる全有権者の15%の票を得ること ができなかった。郡長は2010年5月19日に、郡議会で64%を得票し、選出された[6]

郡議会[編集]

郡議会は全50議席で、2014年5月25日の選挙結果による議席配分は以下の通り[7]

政党/会派 議席
SPD 14議席
CDU 14議席
DIE LINKE. 9議席
Bauern - Ländlicher Raum (BLR) 3議席
FDP 3議席
GRÜNE/B90 2議席
NPD 2議席
BVB/FREIE WÄHLER 1議席
Bürgergemeinschaft „Rettet die Uckermark“ (RdUM) 1議席
AfD 1議席

郡議会では以下の連立会派、SPD/BVB, CDU, DIE LINKE, FDP/AfD, BLR, GRÜNE/RdUMがある。SPD/BVBとDIE LINKEは郡議会内で連立しているが、過半数に達していない(郡長を含め全51議席中25議席)[8]

紋章[編集]

紋章は1995年11月8日に承認され、1996年1月1日から公式に使用されている。図案はベルクホルツ出身のハンス・ベンティーン (Hans Benthin) によるものである[9]

紋章記述:「金地に2本の銀の極細縦帯が付き、幾重にもギザギザが付いた青い桁、これを覆うゴシック様式で、銀の漆喰面があり、開いた門扉がある、鋸壁の壁翼付きの赤いレンガ造りの塔、壁のつくりには外側に向かって傾いた、銀の2つの尖った盾が付く。その右側は金の嘴と爪と、翼に金のクローバーの茎がついた 赤い鷲、左側は直立し、金の嘴と爪のついた赤いグリフィン[10]

郡内のアムト、市町村の紋章はウッカーマルク郡の紋章一覧ドイツ語版を参照。

経済[編集]

郡内で州内でも影響力のある地方成長拠点ドイツ語版としては、シュヴェート/オーダードイツ語版にある郡内最大の850ヘクタールの面積をもつ工業地帯が挙げられる。ここには石油精製施設PCK石油精製所ドイツ語版と、製紙工場がある。この他の重要な経済には、農業、再生可能エネルギープレンツラウドイツ語版でのソーラー・モジュール製造)、農業の事業所でのバイオガス施設、郡内各所の風力発電施設、観光である。郡内には大規模な自然保護区域が3か所あり(下オーダー川渓谷国立公園ドイツ語版ショルフハイデ=コリーン生物圏保護区ドイツ語版ウッカーマルク湖沼群自然公園ドイツ語版)、多くの人々が訪れる。 ウッカーマルクでは6,200社が商工会議所、手工業者組合に登録している。

郡の面積の58% (17万6,549 ha) は、農業に利用され、その内75 haではタバコが栽培されている。

ウッカーマルク郡内の失業率は14.4 % である(2013年8月)[11]

交通[編集]

郡内を通る鉄道路線には、ベルリンを起点にシュトラールズントへ至る路線、シュテティーンへ至る路線、シュヴェート/オーダードイツ語版へ至る路線がある。

既に1842年にはベルリン=シュテティーン鉄道会社ドイツ語版が現在の郡域を鉄道網に組み入れていた。初の路線はベルリンからアンガーミュンデまでが開通し、数年後にはシュテティーンまで延伸された。1863年にはアンガーミュンデからプレンツラウ、パーゼヴァルクに至る路線ドイツ語版が、フォアポンメルンドイツ語版アンクラムドイツ語版まで延伸された。

1873年には、アンガーミュンデ=シュヴェート鉄道ドイツ語版会社によってシュヴェート・アン・デア・オーダーとアンガーミュンデが結ばれた。これに続き1877には、バート・フライエンヴァルデドイツ語版キュストリーン方面)に至る短絡線(アンガーミュンデ-バート・フライエンヴァルデ線ドイツ語版 )がベルリン=シュテティーン鉄道会社によって建設された。

プロイセン国鉄は1888年にレーヴェンベルク (マルク)ドイツ語版を起点として、当時のテンプリーン郡をベルリン北部線と接続した。これはレーヴェンベルク-プレンツラウ線ドイツ語版であり、1899年にプレンツラウ駅ドイツ語版 まで開通した。また1898年から1899年にかけてフュルステンベルクドイツ語版からエーバースヴァルデを結ぶ路線(ブリッツ-フュルステンベルク線ドイツ語版)を開通させた。この両路線によってテンプリーンドイツ語版はこの地方の交通の要所となった。

プレンツラウを起点としてシュトラースブルク (ウッカーマルク)ドイツ語版に至る路線、またダンメドイツ語版ブリュッソウドイツ語版に至る路線は、いずれも1898年にプレンツラウ郡営鉄道ドイツ語版が完成させた。その後、路線網は延伸、また分岐によって拡充し、1902年にはフュルステンヴェルダードイツ語版(郡営線)、レクニッツドイツ語版クロッコウドイツ語版へ、1906年にはアンガーミュンデ郡営鉄道によってダンメからシュテティーン線のシェーナーマルクまで建設された(シェーナーマルク-ダンメ郡営線ドイツ語版)。クロッコウを起点に1908年からクロッコウ-パーゼヴァルク軽便線ドイツ語版が北方に延伸されたが、戦後までには貨物列車が通るのみとなった。

プロイセン国鉄も1913年までに路線網を拡充した。

カーゼコウ–ペンクーン–オーダー軽便線ドイツ語版 は1899年から狭軌線でオーダー川とランドウ=ブルッフ (Randow-Bruch) を結び、シュテティーンの郊外まで至る路線であった。

オーダー川は、内陸水運の水路である。郡内にはこの他にも、連邦自動車道路11号線ドイツ語版連邦自動車道路20号線が通っている。

ナンバープレート[編集]

1994年1月1日以来、識別記号の「UM」が割り当てられ、使用されている。

2000年頃までの旧郡時代には、特別なナンバーが与えられていた。

地域 アルファベット 数字
プレンツラウ郡ドイツ語版 A から G 1 から 999
AA から GZ
アンガーミュンデ郡ドイツ語版と都市シュヴェート/オーダードイツ語版 H から R
HA から RZ
テンプリーン郡ドイツ語版 S から Z
SB から ZZ

2014年4月3日からはこれに加えて、「ANG」(アンガーミュンデ)、「PZ」(プレンツラウ)、「SDT」(シュヴェート/オーダー)、「TP」(テンプリーン)が利用可能となった。

その他[編集]

郡内では、低地ドイツ語の一部である東低地ドイツ語ドイツ語版が話される。

郡内の最大面積の自治体で上位4位は、テンプリーンドイツ語版 (377 km²)、アンガーミュンデ (326 km²)、ノルトヴェストウッカーマルクドイツ語版 (253 km²)、ボイツェンブルガー・ラントドイツ語版 (216 km²) である。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ブランデンブルク州の2015年12月31日時点の人口 (XLS)
  2. ^ Beschluss vom 22.
  3. ^ Antrag der Fraktion Die Linke vom 2.
  4. ^ Zeitungsmeldung vom 8.
  5. ^ Welle der Empörung, MOZ vom 8.
  6. ^ rbb-online.de abgerufen am 3.
  7. ^ wahlergebnisse.brandenburg.de
  8. ^ tantower.wordpress.com
  9. ^ Wappen und Flagge des Landkreises Uckermark
  10. ^ Wappenangaben auf dem Dienstleistungsportal der Landesverwaltung des Landes Brandenburg
  11. ^ Regionale Informationen.