アウトバーン 20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウトバーン

Bundesautobahn 20 number.svg

Bundesautobahn 20
Ostseeautobahn/Küstenautobahn
地図
Bundesautobahn 20 map.png
路線延長 323km
開通年 2005年
起点 バート・ゼーゲベルク
主な
経由都市
リューベック
ヴィスマール
ロストック
シュトラールズント
グライフスヴァルト
ノイブランデンブルク
終点 ウッカーフェルデ
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

アウトバーン 20(Bundesautobahn 20BAB 20 または A 20)はドイツ高速道路である。バルト海の海岸線の近くを通るという地理的な特徴からOstseeautobahnまたはKüstenautobahnとして知られている。

概要[編集]

工事は、1992年にWismar-Nordジャンクション付近から開始され2005年12月に終了した。建設コストは18億ユーロと見積もられている。A 20はメクレンブルク=フォアポンメルン州が279km、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州が17km、ブランデンブルク州が27kmあり、1945年以来継続して建てられた最も大きい新しいアウトバーンとなっている。シュレースブィヒ=ホルシュタイン州バート・ゼーゲベルク付近で起点を置き、リューベック付近でA 1と交差する。その後メクレンブルク=フォアポンメルン州に入り、同州のバルト海沿岸を走り、西から東に横断する。これによって同州沿岸部の主要都市をすべて経由する。ヴィスマール付近でA 14と、同州最大都市ロストック付近でA 19と交差する。グライフスヴァルトを経由した後、方向を南に変え、ブランデンブルク州に迎える。同州のウカーマルク地方でA 11と合流して終わる。

行程[編集]

  • 計画段階の新規インターチェンジおよびジャンクションは含まれていない。
  • 接続路線名の特記がないものは州道または郡道。

計画[編集]

計画されているA 20の延長線

A 20をニーダーザクセン州北西部にあるA 28まで延長する計画がある。この延長を実施すれば、バルト海沿岸だけでなく、北海沿岸の路線にもなり、ドイツの北海岸の西部にも沿うようになる。最終的な長さは541kmになるとされている。IC番号の数えは現在リューベックJCTで始まり、それより西の短い区間のICは番号を有していない。A 28までの延長が実現されたら、IC番号の数え方が変わる可能性が高い。なお、エルベ川とA 28の間の区間はかつてA 22として計画された。

A 20の延長計画に関しては、賛否両論が激しく議論されており、計画される路線の近くの住民が反対運動の中核になっている。彼らの反対の理由は環境破壊と騒音に関する負担および新たなアウトバーンの経済的な必要性に関する疑問である。賛成派の中核的な存在はニーダーザクセン州北西部の経済界(特に海運関係)の代表者である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]