オーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen des Landkreises Oberspreewald-Lausitz.svg Locator map OSL in Germany.svg
基本情報
連邦州: ブランデンブルク州
郡庁所在都市: ゼンフテンベルクドイツ語版
緯度経度: 北緯51度31分
東経14度00分
面積: 1223.08 km²
人口:

109,371人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度: 89 人/km²
ナンバープレート: OSL, CA, SFB
自治体コード: 12 0 66
郡の構成: 25 市町村
郡庁舎の住所: Dubinaweg 1
01968 Senftenberg
公式ウェブサイト: www.osl-online.de
郡長: ジーグルト・ハインツェ(Siegurd Heinze, 無所属、CDU
州内の位置
Brandenburg OSL.svg

オーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡 (ドイツ語: Landkreis Oberspreewald-Lausitz, 低地ソルブ語: Wokrejs Górne Błota-Łužyca) は、ドイツ連邦共和国ブランデンブルク州南部の郡である。隣接する郡は、西部でエルベ=エルスター郡、北部でダーメ=シュプレーヴァルト郡、東部でシュプレー=ナイセ郡、南部でザクセン州バウツェン郡ドイツ語版マイセン郡ドイツ語版である。

地理[編集]

オーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡は、ブランデンブルク州南部、北緯56度東経56度に位置し、標高は海抜56 mから201 mである。郡内で最も高い山は、標高201 mのクッチェンベルクドイツ語版であり、州内でも2番目に高い山である。郡の領域はラウジッツ地方を綺麗に跨っている。南部はオーバーラウジッツドイツ語版ラウジッツ山地ドイツ語版が始まり、中部は黒エルスター川ドイツ語版の河床とラウジッツ境界壁ドイツ語版があるニーダーラウジッツドイツ語版、北部には上部シュプレーヴァルトが広がる。

歴史[編集]

現在のオーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡の地には、第二次世界大戦敗戦の1945年までプロイセン王国プロイセン州(邦)のホイアースヴェルダ郡ドイツ語版カーラウ郡ドイツ語版リーベンスヴェルダ郡ドイツ語版が置かれていた。東ドイツ時代には1952年にこれら3郡からゼンフテンベルク郡ドイツ語版が編成され、コトブス県ドイツ語版に属した。ドイツ再統一の1990年、当時のゼンフテンベルク郡内では僅差ではあるが過半数がザクセン州への帰属に賛成したが、郡議会はこれとは逆の決議を行った。オーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡は、1993年ブランデンブルク州郡改革ドイツ語版の一環として、カーラウ郡 (Kreis)ドイツ語版、ゼンフテンベルク郡、バート・リーベンスヴェルダ郡ドイツ語版の一部から編成された。

人口動態[編集]

以 下の表は、オーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡の人口動態を示している(1990年は10月3日付、1991年からは12月31日付け)。数値は統 計時の郡域によるものである(当郡成立以前の1990年から1992年の数値は、1993年12月6日領域に合わせた数値)。

人口
1990 166,351
1991 161,229
1992 161,124
1993 159,828
1994 158,537
1995 156,758
1996 155,024
1997 152,924
1998 150,414
1999 148,124
人口
2000 145,110
2001 141,959
2002 139,062
2003 136,251
2004 134,025
2005 132,032
2006 129,581
2007 127,278
2008 125,216
2009 123,426
人口
2010 121,679
2011 116,898
2012 115,212
2013 113,842
2014 112,896

出典: Landesbetrieb für Datenverarbeitung und Statistik Brandenburg

出典:ベルリン=ブランデンブルク統計局ドイツ語版ブランデンブルク州建設交通局ベルテルスマン財団ドイツ語版による詳細なデータはWikimedia CommonsのPopulation Projection Brandenburg にある。

政治[編集]

郡庁

郡長[編集]

2010年に無所属のジーグルト・ハインツェ (Siegurd Heinze) が郡長に当選した。郡で初の直接選挙による郡長であり、州内でも唯一である[2]

郡庁はゼンフテンベルクドイツ語版ベルクバウハウスドイツ語版(「鉱山の家」)に置かれている。

郡議会[編集]

2014年ブランデンブルク州地方選挙ドイツ語版(5月25日)による議席配分は以下の通り。

政党/会派 議席
SPD 15
CDU 14
Die Linke 9
Freie Wählergruppe Bauern - Landwirtschaft, Umwelt, Natur (Freie WG Bauern) 3
NPD 2
GRÜNE/B90 2
Brandenburger Vereinigte Bürgerbewegungen/Freie Wähler (BVB/FREIE WÄHLER) 1
FDP 1
Aktionsgruppe gegen soziales Unrecht Senftenberg (AGSUS) 1
Stimme freier Bürger (SFB) 1
Freie Wählergruppe Schwarzheide (FWS) 1

CDU/Freie WG Bauern/FDPと、Freie Wähler/GRÜNE (GRÜNE/B90, BVB/FREIE WÄHLER, SFB, FWS) は、各々統一会派を形成している。

出典:wahlergebnisse.brandenburg.de

紋章[編集]

紋章は1994年11月25日に承認された。

紋章記述:「銀と青で分けられ、爪と角が描かれず、歩行する赤い雄牛は、尾が背中の上に延びている。下部は3つの凸部の金の鋸壁で、金色の盾がつき、その中には黒のライオンが直立する」[3]

郡内のアムト、都市、町村の紋章はオーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡内の紋章一覧ドイツ語版を参照。

[編集]

オーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡の旗

旗は白・赤・白 (1:3:1) の横三色旗で、中央の赤い部分には、郡の紋章が付く。

経済と社会資本[編集]

グロースレッシェンドイツ語版ラウフハンマードイツ語版シュヴァルツハイデドイツ語版ゼンフテンベルクドイツ語版にある経済拠点は、ブランデンブルク州内に15か所ある地域経済成長拠点ドイツ語版の1つとなっている。こうして指定を受けた将来性のある分野が助成されている。

交通網[編集]

道路[編集]

アウトバーン[編集]
連邦道路ドイツ語版[編集]

鉄道路線[編集]

地域路線、貨物線[編集]
貨物線[編集]

以前はこの他に、褐炭露天掘りの採掘場から発電所までを結ぶ炭鉱軌道が縦横に張り巡らされていた。

公共交通[編集]

公共交通はオーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ交通企業ドイツ語版 によって運営されている。バス交通は南ブランデンブルク近距離交通ドイツ語版 (SBN) とその他の民間企業によって運行されている。ゼンフテンベルクとリュベナウの市内交通は SBN が、ラウフハンマーでは「デア・ニーダーラウジッツァードイツ語版」社が運営している。

市町村[編集]

2003年自治体領域改革の決定により、郡内には25自治体があり、内9つは都市である。2008年の決定により2自治体が公式に2言語表記を定めている(ドイツ語低地ソルブ語[4]
*カッコ内斜体は公式の低地ソルブ語名称である。

カッコ内は2019年12月31日[1]における人口である。

都市
(¹アムト所属市)

  1. カーラウドイツ語版(7,720人)
  2. グロースレッシェンドイツ語版(8,471人)
  3. ラウフハンマードイツ語版(14,336人)
  4. リュベナウ/シュプレーヴァルトドイツ語版 (Lubnjow/Błota) (15,977人)
  5. オルトラントドイツ語版¹(2,051人)
  6. ルーラントドイツ語版¹(3,712人)
  7. シュヴァルツハイデドイツ語版(5,635人)
  8. ゼンフテンベルクドイツ語版(23,895人)
  9. フェッチャウ/シュプレーヴァルトドイツ語版 (Wětošow/Błota) (7,941人)

アムト非所属自治体

  1. シプカウドイツ語版(6,661人)

アムトドイツ語版及び所属自治体

1. アムト・アルトデーベルンドイツ語版(5,541人)

  1. アルトデーベルンドイツ語版(2,376人)
  2. ブロンコウドイツ語版(580人)
  3. ルッカイツタールドイツ語版(779人)
  4. ノイペータースハインドイツ語版(1,196人)
  5. ノイ=ゼーラントドイツ語版(610人)

2. アムト・オルトラントドイツ語版(6,031人)

  1. フラウエンドルフドイツ語版(702人)
  2. グロースメーレンドイツ語版(1,058人)
  3. クロッペンドイツ語版(705人)
  4. リンデナウドイツ語版(752人)
  5. オルトラントドイツ語版、都市(2,051人)
  6. テッタウドイツ語版(763人)

3. アムト・ルーラントドイツ語版(7,163人)

  1. グリューネヴァルトドイツ語版(532人)
  2. グーテボルンドイツ語版(520人)
  3. ヘルムスドルフドイツ語版(776人)
  4. ホーエンボッカドイツ語版(973人)
  5. ルーラントドイツ語版、都市(3,712人)
  6. シュヴァルツバッハドイツ語版(650人)
Municipalities in OSL.svg

ナンバープレート[編集]

1994年1月1日以来、識別記号の「OSL」が割り当てられ、使用されている。2013年3月15日からはこれに加えて、「CA」(カーラウ)、「SFB」(ゼンフテンベルク)が利用可能となった。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Bevölkerung im Land Brandenburg nach amtsfreien Gemeinden, Ämtern und Gemeinden 31. Dezember 2019 (XLS)
  2. ^ Ergebnisse der Landratswahlen ab 2010 wahlen.brandenburg.de
  3. ^ Wappenangaben auf dem Dienstleistungsportal der Landesverwaltung des Landes Brandenburg
  4. ^ Amtsblatt für Brandenburg, 19.