ウクライナ国立美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯50度26分58秒 東経30度31分52秒 / 北緯50.44944度 東経30.53111度 / 50.44944; 30.53111

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ウクライナ国立美術館
Національний художній музей України
Pechersk 28 09 13 087.jpg
ウクライナ国立美術館の位置(キエフ内)
ウクライナ国立美術館
ウクライナ国立美術館
ウクライナ国立美術館
施設情報
正式名称 Національний художній музей України
収蔵作品数 約4万点[1]
館長 Yulia Lytvynets[2]
開館 1899年
所在地 6 Hrushevsky Street, キエフ, ウクライナ
外部リンク www.namu.kiev.ua
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ウクライナ国立美術館英語: National Art Museum of Ukraine, ウクライナ語: Національний Художній Музей України )は、ウクライナの首都キエフにあるウクライナ芸術を専門とする美術館である。

歴史[編集]

1898年に古代芸術博物館としてコンペに提示された建物の正面の図

美術館は1899年8月1日にキエフ市立古代博物館として開館した [3] 。1919年6月23日にウクライナ・ソビエト社会主義共和国の政府の法令に基づいて、州立美術館に改名され、1924年に全ウクライナ歴史博物館[3]の起源は日付が付けられている。全ウクライナ歴史博物館のコレクションは1936年までに歴史的なコレクションと芸術的なコレクションに分割された [4]。前者は現在のウクライナ歴史博物館の基礎となり、後者は第二次世界大戦で損害をうけたと推定後に1953年に改名されたキエフのウクライナ国立美術館となる[5]

ウクライナの独立後、美術館は国際的な地位に達した。そのコレクションは初めて国外を巡回しオランダカナダフランスデンマーククロアチア日本[6][7][8]で展示された。

中世イコンからコサック時代の軍や教会の指導者の肖像画まで、コサック・ママーイの似顔絵を描いたものもある。現在の有名な芸術家の作品には、タラス・シェフチェンコイリヤ・レーピンウラジーミル・ボロビコフスキー英語版ヴァシーリー・アンドレーエヴィッチ・トロピニンムィコーラ・ピモネンコ、ミハイル・ヴルーベリ、ニコライ・ゲーセルゲイ・スヴェトスラーフスキー英語版ミハイル・ヴルーベリオレクサンドル・ムラシュコなどが含まれる。

本館建築[編集]

大きなコンクリートのライオン像
大きなコンクリート製のライオン像

1898年に建築家ヴワディスワフ・ホロデッキー英語版がキエフ市立博物館のために建設した建物の中にある。それは実際、政府の免許を取得できなかった才能のあるモスクワの建築家ペトル・ボイツォフの設計の焼き直しだった。建物はもともと、芸術の常連客やアンティーク愛好家のための美術館として設計された。建物の正面が伝えるの新古典主義建築ドーリア式エンタブラチュアの6列の庇型ポーチの正確な再現、トリグリフ英語版メトープフリーズ芸術の勝利を描いた装飾。階段の上部にあるグリフォンと大きなコンクリート製のライオン像を特徴とする建築構成は、イタリアの彫刻家エミリオ・サラ(彫刻家)英語版によって作成された。建物の建設に費やされたのは24万9千ルーブルで、ロシア帝国政府が支払ったのはわずか10万ルーブルでした。さらに10万8千ルーブルは、キエフ西洋東洋美術館英語版を創設したテレシチェンコ家英語版によって支払われた。最初は、1階にボヘミア王国からキエフに移住したロシアの考古学者Vikentiy Khvoyka英語版ボヘミア王国の展示があった。博物館は、1904年12月23日のクリスマス直前にニコライ2世皇帝のキエフ工業芸術科学博物館として正式に開館した。博物館の最初の館長はミコラ・ビリアシフスキー英語版である。


現在の展示物[編集]

今日、美術館は展覧物を拡大し続けている。いくつかの新しい追加の展覧物には、キエフ生まれの国際的なパイオニアカジミール・マレーヴィチによる聖ゲオルギオスイコンレリーフが作品が含まれる。

現在の展覧物には2万点以上の作品が含まれている。多くの作品の中には、現在世界的に有名なロシア構成主義者のヴァシリー・イェルミロフと、ロシア未来派アレクサンダーボゴマゾフ英語版の作品がある。ウクライナ側は、次のような有名なウクライナとロシアのアーティストの作品で表現されるダヴィド・ブルリュークアレクサンドラ・エクステルヴァディム・メラー英語版クリメント・レッドコ英語版ソロモン・ニクリティンヴィクトール・パリモフMykhailo Boychuk英語版ムィコーラ・プィモネーンコイリヤ・シュティルマン英語版

2014年4月26日、ヤヌコビッチ前大統領の自宅から回収されたアートが美術館に展示される [9]

現在、美術館はソ連の全体主義時代の非公式の芸術作品を収集している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Національний художній музей України — Collections”. ウクライナ国立美術館. 2021年2月28日閲覧。
  2. ^ Національний художній музей України — representatives”. ウクライナ国立美術館. 2021年2月28日閲覧。
  3. ^ a b Yavtushenko 1982.
  4. ^ Yaniv 2010.
  5. ^ Legkoduh 1966, p. 143.
  6. ^ 特別展 「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」大阪歴史博物館”. www.museum.or.jp/. 2021年2月28日閲覧。
  7. ^ 企画展「ウクライナの至宝展 スキタイ黄金美術の煌めき」: 山梨県立博物館”. http://www.museum.pref.yamanashi.jp/. 2021年2月28日閲覧。
  8. ^ 図録の販売 広島県立美術館”. 2021年2月28日閲覧。
  9. ^ “Viktor Yanukovich's art collection goes on display in Kiev”. BBC News. (2014年4月26日). https://www.bbc.co.uk/news/world-europe-27169369 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Kiev Tourbook (1900) Google Books
  • National Art Museum of Ukraine at the Museum World of Ukraine. (ロシア語), (ウクライナ語)
  • National Art Museum of Ukraine, at Museums of Ukraine (ロシア語)
  • Oleg Pasichny National Art Museum of Ukraine, Welcome to Ukraine (quarterly).
  • Національний художній музей України: Альбом/ Уклад., авт. ст.: Т.Рязанова, Л.Членова, О.Жбанкова та ін.- К.: Артанія Нова, 2003.- 416 с. ISBN 966-96256-1-0