ドーリア式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドーリア式の柱(パルテノン神殿)
パルテノン神殿

ドーリア式(ドーリアしき)は、古代ギリシア建築における建築様式(オーダー)のひとつであり、イオニア式コリント式と並ぶ3つの主要なオーダーに位置づけられる。ドリス式とも呼ばれる。

概要[編集]

古代ギリシア建築前期のもので、柱頭に鉢形装飾や柱基を持たずしばしば「荘重」と表現される。

祖型となった木造建築の様式をよくとどめているとされ、例えば、トリグリフは木造建築の梁の木口がそのまま残ったものである。

ドーリア式のオーダーが用いられている代表的建造物としては、アテナイパルテノン神殿が挙げられる。

関連項目[編集]