ウィリー・カム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・カム
Willie Kamm
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgカリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1900年2月2日
没年月日 1988年12月21日(満88歳没)
身長
体重
5' 10.5" =約179.1 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
初出場 1923年4月18日
最終出場 1935年5月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリー・カム(William Edward Kamm 、1900年2月2日 - 1988年12月21日)は、主に1920~1930年代に活躍したアメリカ合衆国の野球選手。ポジションは三塁手カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。右投げ右打ち。1920年代にシカゴ・ホワイトソックスの三塁手として6年連続最高守備率を記録した。

来歴・人物[編集]

1922年にパシフィック・コーストリーグのサンフランシスコからホワイトソックスに昇格、1923年からホワイトソックスのレギュラー三塁手を勤めた。デビューした1923年から6シーズンの間三塁守備イニング数がリーグ最多を数え、その間の守備率は、1924年から1929年の6シーズン連続でリーグ最高を記録した。打者としては比較的四球が多く、1925年にリーグ最多の90四球を記録したことがあり、毎年70以上の四球をコンスタントに稼いでいた。1928年に打率.308を記録したときは、その年のMVP候補に名前が挙がり、投票では5位となった。

1929年4月30日コミスキー・パークで行われたクリーブランド・インディアンズ戦では、『隠し球トリプルプレイを完成』という非常に珍しいプレイを記録している。この試合の7回表、無死1・2塁で打者カール・リンドがショートゴロを打ち、一塁でアウトになる間に、二塁走者ジョニー・ホダップが本塁を狙って三塁本塁間に挟まれた。カムはホダップをタッグアウトした後投手にボールを返さず、こっそり自分のグラブに隠し、プレーの間に三塁に達していた走者チャーリー・ジェイミーソンが、そうとは知らずに離塁したところをタッチして3つ目のアウトを取った。

カムは1931年シーズン途中にルー・フォンセカとのトレードでクリーブランド・インディアンズに移籍、インディアンズに5シーズン在籍した後1935年に選手を引退した。1988年にカリフォルニア州ベルモントで死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1693 5851 1643 348 85 29 802 826 125 405 824 22 238 .281 .372 .384

獲得タイトル・記録[編集]

  • リーグ最高守備率(三塁手):1924年~1929年
  • リーグ最多四球:1925年


出典・外部リンク[編集]