ウァレンティニアヌス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウァレンティニアヌス2世
Valentinianus II
ローマ皇帝
Statue of emperor Valentinian II detail.JPG
在位 375年 - 392年
出生 371年
死去 (392-05-15) 392年5月15日(21歳没)
王朝 ウァレンティニアヌス朝
父親 ウァレンティニアヌス1世
母親 ユスティナ
テンプレートを表示
ウァレンティニアヌス2世が印された硬貨

ウァレンティニアヌス2世Valentinianus II, 371年 - 392年5月15日)は、ローマ皇帝(在位:375年 - 392年)。ウァレンティニアヌス1世の子。

父帝の死後、兄のグラティアヌスと帝国西部を分治した。387年マグヌス・マクシムスイタリア語版英語版に攻撃され、ローマ皇帝テオドシウス1世のもとに逃れた。テオドシウスがマクシムスを打倒すると、フランク人アルボガストの後見を受けたが、後に彼に殺された。

外部リンク[編集]