メロバウデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フラウィウス・メロバウデスラテン語: Flavius Merobaudes、 - 388年)は4世紀のフランク人で、西ローマ帝国の政治家および軍人。377年383年388年執政官

生涯[編集]

メロバウデスは4世紀のフランク人で、西ローマ帝国の政治家および軍人。メロバウデスは西帝ユリアヌスの東征に従って頭角を現し[1]363年にユリアヌスが戦死した際にはユリアヌスの死体の護送を担当している。375年頃、ウァレンティニアヌス1世によってマギステル・ペディトゥム(歩兵長官)もしくはマギステル・ミリトゥムに任命された。

375年にウァレンティニアヌス1世が死亡すると、イリュリクムのローマ軍団が不穏な動きを見せた。ウァレンティニアヌス1世の長男で共同皇帝でもあったグラティアヌスは当時イリュリクムからは遠く離れたトリーアを拠点としていたため、メロバウデスはウァレンティニアヌス1世の後妻ユスティナ英語版の子ウァレンティニアヌス2世シルミウムにおけるグラティアヌスの共同皇帝に擁立し、軍団にウァレンティニアヌス2世への忠誠を誓わせることで事態を収拾した[2]。この緊急処置にグラティアヌスは不満もあったようだが、結果としてはメロバウデスの処置を受け入れることとした。以後メロバウデスはグラティアヌスおよびウァレンティニアヌス2世の後見人としてリコメルフラウィウス・バウトらとともに幼い皇帝たちの政務を代行した[1]。メロバウデスは377年383年388年と3度の執政官を務めている[1][3]。当時の執政官職は皇帝や皇帝の親族によって独占されることが多かったので、これは非常に稀有で名誉なことだった[4]

388年に没し、おそらくはトリーアに埋葬された。彼の子孫からは5世紀の詩人メロバウデス英語版(fl.432-446)が出た。

アキタニアのプロスペロ英語版によれば、メロバウデスは383年にグラティアヌスを裏切ってマグヌス・マクシムスを支持したために没落し、それを苦にして385年に自殺したとされる。しかし現代の歴史家たちの多くは、メロバウデスがグラティアヌスおよびウァレンティニアヌス2世の後見人として実質的に帝国を支配できる立場であったことや、彼が388年に3度目の執政官に就任している記録などから、これらの話はありそうもないことだと考えている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 南川2013、p.153。
  2. ^ 尚樹1999、p.65。
  3. ^ 「メロバウデース」『西洋古典学事典』。
  4. ^ 佐藤1995、p.134。

参考文献[編集]

  • ゲオルグ・オストロゴルスキー『ビザンツ帝国史』和田廣訳、恒文社、2001年。ISBN 4770410344
  • 佐藤彰一『世界歴史大系 フランス史 1』樺山紘一山川出版社、1995年。ISBN 4634460904
  • 尚樹啓太郎『ビザンツ帝国史』東海大学出版会、1999年。ISBN 4486014316
  • 南川高志『新・ローマ帝国衰亡史』岩波書店、2013年。ISBN 9784004314264
  • 松原國師『西洋古典学事典』京都大学学術出版会、2010年。ISBN 9784876989256