マルクス・ユリウス・セウェルス・ピリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルクス・ユリウス・セウェルス・ピリップスの胸像画
マルクス・ユリウス・セウェルス・ピリップスを印した硬貨

マルクス・ユリウス・セウェルス・ピリップス(ラテン語:Marcus Iulius Severus Philippus238年 - 249年)とは、軍人皇帝時代ローマ皇帝であり、父ピリップス・アラブスの共同皇帝の地位にあった人物である。ピリップス2世ピリップス・カエサルとも称される。

生涯[編集]

ゴルディアヌス3世の死後、父ピリップス・アラブスが244年にローマ皇帝に即位すると、ピリップスはマルクスを共同皇帝とし、更にマルクスは247年および248年執政官(コンスル)となった。しかし、249年に父ピリップスが皇帝簒奪を図るべくローマへ進軍していたデキウスとの戦いで敗死したとの知らせがローマへ届くと、マルクスは親衛隊によって殺害された。マルクスは母マルキアen)の腕の中で息を引き取ったと伝わっている。なお、以降のマルキアの生涯については文献に記載が無い。