イーウッド・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーウッド・パーク
Ewood Park
"The wood"
Ewood Park.jpg
施設情報
所在地 Ewood Park, Nuttall Street, Blackburn,
Lancs, BB2 4JF
位置 座標: 北緯53度43分42.85秒 西経2度29分21.14秒 / 北緯53.7285694度 西経2.4892056度 / 53.7285694; -2.4892056
起工 1882年
開場 1882年
修繕 1903年、1915年、1987年-1995年
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 115 x 76 yards
使用チーム、大会
ブラックバーン・ローヴァーズFC (1890-現在)
収容能力
31,367人

イーウッド・パーク (Ewood Park)は、イングランド, ランカシャー州, ブラックバーンにあるスタジアム。現在は、ブラックバーン・ローヴァーズFCのホームスタジアムとなっている。収容人数は31,367人。

スタンド[編集]

ジャック・ウォーカー・スタンド (The Jack Walker Stand, 以前の名称をNuttall Street Stand)、現在の建物は1990年完成で座席数11,000。2層構造式のメインスタンド。内部には、ホーとアウェーチームのドレッシングルームとメディアカンファレンス設備が含まれている。スタンド名となっているジャック・ウォーカー(en)とは、鉄工業で財を成した実業家でブラックバーンの元会長に因む。このスタンド、ブラックバーン・エンドとダーウェン・エンドは同じ高さでデザインも大凡で同じとなっている。

ブラックバーン・エンド・スタンド (The Blackburn End Stand)、1990年完成の座席数8,000。ホームサポーター席設定されているゴール裏スタンドで2層構造。ブラックバーンの中心街がある方向に建っているためそれに由来。ローヴァーズサポーターにとってのメインスタンドとみなされている。

ザ・リヴァーサイド・スタンド (The Riverside Stand, 2007-08シーズンはFraser Eagle Stand, 過去にもスポンサー名を冠しCIS Riverside StandやWalkersteel Stand)、以前建っていたスタンドは1985年に閉鎖され改修。1988年に完成(一部は1992年完成)したスタンドで座席数はおおよそで4,000。1層構造のバックスタンド。スポンサーボードとスタンドの間にスペースが空いており観客用通路となっている。ダーウェン・エンド側コーナーにはダクトロニクス製のモニターが設置されてある。過去にはソニージャンボトロンが設置されてあった。名称は、スタンド後方をダーウェン川(en)が流れていることに由来。

ザ WEC グループ・ダーウェン・エンド・スタンド (Darwen End Stand, 現在はスポンサー名を冠しThe WEC Group Darwen End Stand)、1現在のスタンドは1990年代完成で座席数8,000。アウェーサポーター席が設定されているゴール裏スタンドでブラックバーン・エンドと全く同じ造りの2層構造となっている。しかし、セキュリティ上の関係からか2階席が使用されない試合も多々ある。

スタジアム見学[編集]

  • 5月1日~9月30日: 月曜日と金曜日, 9:30, 11:30 & 14:30
  • 10月1日~4月1日: 月曜日と金曜日, 11:00 & 14:00
  • 料金: £3.50
  • 所要時間: 90分~120分

チケット and more[編集]

  • 値段: £20.00 ~ £38.00
  • マッチデイプログラム: £3
  • ファンマガジン: £1

入場者数[編集]

平均入場者数[編集]

  • 2009-10: 25,428 (プレミアリーグ)
  • 2008-09: 23,479 (プレミアリーグ)
  • 2007-08: 23,944 (プレミアリーグ)
  • 2006-07: 21,271 (プレミアリーグ)
  • 2005-06: 21,015 (プレミアリーグ)
  • 2004-05: 22,315 (プレミアリーグ)
  • 2003-04: 24,376 (プレミアリーグ)
  • 2002-03: 26,226 (プレミアリーグ)
  • 2001-02: 25,976 (プレミアリーグ)

最多入場者数[編集]

外部リンク[編集]