インドネシア連邦共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドネシア連邦共和国
Republik Indonesia Serikat, RIS
オランダ領東インド 1949年 - 1950年 インドネシア
インドネシアの国旗
国旗
インドネシアの位置
公用語 インドネシア語
首都 ジャカルタ
大統領
1949年 - 1950年 スカルノ
変遷
成立 1949年12月27日
単一国家に 1950年8月17日
通貨 ルピア

インドネシア連邦共和国(インドネシアれんぽうきょうわこく、Republik Indonesia Serikat)は1949年から1950年と一年間続いた連邦国家。現在の西パプアを除くインドネシアにあった国家。首都はジャカルタ、言語はインドネシア語、通貨はルピアなど現在のインドネシアの基礎が出来た時でもある。

結成[編集]

1949年12月27日、オランダ-インドネシア円卓会議を行い、制定した連邦憲法の施行から始まった[要出典]。この時に独立していたインドネシア共和国と他の独立国家・自治地域の16ヵ国で構成されていた[要出典]

消滅[編集]

だがインドネシア共和国以外の構成国は独立戦争時に出来たオランダの傀儡国家であった。だが結成当初にはオランダからの独立思想が広がっており、それぞれの構成国はオランダの傀儡国家よりもオランダの傀儡ではないインドネシア共和国の領土の方が良いのではないかと考えていた。オランダはこれを阻止しようとしたが、1950年1月にパスンダン国がインドネシア共和国に合流したのを発端に全地域、国家が合流し、1950年8月15日に構成国はインドネシア共和国だけとなったため事実上消滅し、単一国家となった。

構成国[編集]

インドネシア連邦共和国の構成国は以下の通り。

参考文献[編集]

en:United States of Indonesia (03:53, 04 October 2013 UTC) を翻訳】 【インドネシアの歴史 一部を抜粋】