イレネ飯田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イレネ 飯田(イレネ いいだ、1963年3月6日 - )は元宝塚歌劇団月組男役で、現在は演劇プロデューサー、活動弁士日本舞踊講師。メキシコシティ出身。宝塚時代の芸名は「幸風イレネ(さちかぜいれね)」。

来歴・人物[編集]

メキシコシティで日系二世として出生。4人兄弟(女)の長女。メキシコ中学校卒業後、1979年宝塚音楽学校入学。中学校卒業後入学であるが、メキシコは卒業が6月であるため、日本の高等学校1年修了者と同時期に入学。

1981年に『春の踊り』を初舞台に宝塚歌劇団入団。入団時の成績は28番。

同期女優北原遥子(元娘役スター、日本航空123便墜落事故で死亡)、黒木瞳1982年から1985年まで月組トップ娘役)、涼風真世1991年から1993年まで月組トップスター)、真矢みき1995年から1998年まで花組トップスター)、毬藻えり1989年から1992年まで星組トップ娘役)、梨花ますみがいる。

日本語が得意ではなく、音楽学校時代に猛勉強によりマスターしたが台詞などはずっと苦手意識があったため、公演ではセリフ数が少なかった。いわゆる端役の位置にあったが、日本語の言い間違いの話題を中心に機関紙「歌劇」での掲載回数が多かった。

1987年から本格的に花柳流の舞踊を学び、日本舞踊名取花柳イレネ」を許される。1991年師範免許を取得。

1993年天海祐希のトップお披露目公演『花扇抄扉のこちらミリオン・ドリームズ』で退団。1994年にメキシコに帰国。

1997年ミュージカル『ホアン太郎』脚本・演出。メキシコを拠点に演劇制作と日本舞踊指導を行う。

2002年より、無声映画の活動弁士として世界各国で興行中。日本髪に白塗り化粧着物姿でセリフを言い、歌い踊るというスタイルである。2005年愛・地球博で無声映画公演。2006年パリで一人舞踊劇『Yo.Ga.Moi』上演。

2010年日本とメキシコ友好400年を記念して支倉常長の半生を描いた一人芝居『逆潮~侍の帰郷』を薩摩川内市名古屋市石巻市東京都で上演。現在は、活動弁士と自主演劇制作を並行して活動中。