イベイー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ibeyi
出身地 フランスの旗 フランス パリ
 キューバ
ジャンル ソウルミュージック
R&B
アンビエント
電子音楽
実験音楽
活動期間 2013年 -
レーベル イギリスの旗 XLレコーディングス
日本の旗 ホステス・エンタテインメント
公式サイト ibeyi.fr
メンバー リサ=カインデ・ディアス
ナオミ・ディアス

イベイー(Ibeyi)は、フランス及びキューバ出身の双子姉妹デュオ。祖先がヨルバ人であり、名前の由来はヨルバ語で「双子」を意味する。歌は英語とヨルバ語で歌われている[1]

メンバー[編集]

  • リサ=カインデ・ディアス
ボーカルピアノキーボード
  • ナオミ・ディアス
ボーカル、カホンバタドラム英語版

来歴[編集]

両姉妹はパリで生まれたが、生後2年間はキューバのハバナで暮らしていた[2][3]。父親はかつてイラケレで名を成し、その後ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブで活動したパーカッショニストミゲル"アンガ"ディアス英語: Anga Díaz[2]

2006年、両姉妹が11歳の時に父ミゲル"アンガ"ディアスは45歳で死去。その後、父親が使用していた楽器であるカホンの演奏及びヨルバ民族音楽を学び、サンテリアの影響を受ける[4]。母親はベネズエラ系フランス人の歌手であるマヤ・ダグニーノ(Maya Dagnino)。母はイベイーのマネジャーや作曲のアドバイザー等としても娘を支援している[5][6]

2013年イギリスインディーレコードレーベルXLレコーディングスと契約。同年、両姉妹の姉が死去。2014年9月9日、デビューEP『オヤEP』を発売。タイトル曲の「オヤ」は、ルイ・ヴィトンの2014-15秋冬レディース・コレクションの広告キャンペーン曲に採用される[7]

2015年2月17日、セルフタイトルデビューアルバム『イベイー』を発売。亡くなった父、姉、かつて兄のように慕っていたというDJのキッド・アトラスの死去の追悼を含む内容の作品となった。フランスのSNEPアルバムチャートで15位を記録[8]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

EP[編集]

  • 『オヤEP』(: Oya EPイギリスの旗:2014年9月9日 XLレコーディングス、日本の旗:2014年10月29日 ホステス・エンタテインメント)

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Sister act: the twins behind Ibeyi” (英語). ガーディアン. 2015年5月1日閲覧。
  2. ^ a b Ibeyi - Full Performance (Live on KEXP)”. kexp.org (2015年4月13日). 2015年8月22日閲覧。
  3. ^ Ibeyi - Ibeyi” (英語). HipHopDX. 2015年5月1日閲覧。
  4. ^ New Music – Ibeyi, Juce, Akua” (英語). w:The Irish Times. 2015年5月1日閲覧。
  5. ^ Meet Ibeyi: French-Cuban twins with a musical sixth sense” (英語). ガーディアン. 2015年5月1日閲覧。
  6. ^ Ibeyi: the French Cuban teenagers about to take the music world by storm” (英語). w:The Irish Times. 2015年5月1日閲覧。
  7. ^ Ibeyi / イベイー”. ホステス・エンタテインメント. 2015年5月1日閲覧。
  8. ^ DISCOGRAPHIE IBEYI” (フランス語). lescharts.com. 2015年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]