イザベル・ド・ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イザベル・ド・ロレーヌ
Isabelle de Lorraine
ロレーヌ女公
ナポリ王妃
Ambito francese - Isabella di Lorena, regina di Napoli.jpg
出生 1400年
死去 1453年2月28日
配偶者 ナポリルネ・ダンジュー
子女 ジャン2世
ヨランド
マルグリット
父親 ロレーヌ公シャルル2世
母親 マルグリット・ド・バヴィエール
テンプレートを表示

イザベル・ド・ロレーヌ(Isabelle de Lorraine, 1400年 - 1453年2月28日)は、ロレーヌ女公(在位:1431年 - 1453年)。ロレーヌ公シャルル2世の長女で、母マルグリットはローマ王プファルツ選帝侯ループレヒトの娘であった。夫のルネ・ダンジューナポリバル公などを兼ねた)を共同君主として治めた。

生涯[編集]

シャルル2世の男子はことごとく夭逝していたため、そこに目を付けたヨランド・ダラゴン1420年に次男のルネをイザベルと結婚させた。これには夫が1424年ブルゴーニュ派に自領のギーズ伯領を奪われたことも背景にあり(ギーズ伯領は翌1425年にリニー伯ジャン2世へ渡る)、イザベルは父から後継者に指名され、1431年の父の死後にロレーヌ公国を相続し、夫ルネの共同統治者となった[1]

ところが、従弟のヴォーデモン伯アントワーヌが継承に反対、彼と支援者のブルゴーニュフィリップ3世(善良公)に敗れた夫は同年に捕虜となった。イザベルは子供達を連れてフランスシャルル7世の宮廷に向かい、夫の釈放を掛け合ったが、この時同行していた侍女のアニェス・ソレルはシャルル7世に見初められ、後に王の愛人となった[2]

夫の不在時には夫の領国の摂政も務めた。善良公と戦っていた夫の救援のため、軍勢を率いたこともある。夫が虜囚のまま1435年に名目上のナポリ王となり、アラゴンアルフォンソ5世もナポリの継承権を主張すると、夫に代わりナポリへ向かい、劣勢ながらアラゴン軍と戦った。1437年に釈放された夫と翌1438年にナポリで合流したが、戦況を覆せず1442年に王位を諦めてマルセイユへ戻った[3]

帰国してからも災難は続き、ロレーヌに反発した神聖ローマ帝国の都市メッツの兵に襲われ身の回りの品を奪われた。かねてより都市の反抗に苦しめられた夫はシャルル7世に救援を要請、1444年にフランス軍がロレーヌへ遠征する契機となった[4]

1453年死去。公位は息子のジャン2世が継承、夫は翌1454年にジャンヌ・ド・ラヴァルと再婚した。

子女[編集]

イザベルが夫ルネとの間にもうけた子は次の通りである。

他に7人の子が生まれたが夭逝した。

脚注[編集]

  1. ^ 三角、P159、佐藤、P141、ミシュレ、P24 - P25。
  2. ^ 三角、P159 - P160、佐藤、P152、ミシュレ、P190 - P191、P221 - P223。
  3. ^ 三角、P167、ミシュレ、P256 - P257。
  4. ^ 佐藤、P156、ミシュレ、P239 - P240。

参考文献[編集]

先代:
シャルル2世
ロレーヌ女公
1431年 - 1453年
ルネ1世と共同統治
次代:
ジャン2世