ジャン2世 (ロレーヌ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン2世

ジャン2世・ダンジュー(Jean II d'Anjou, 1425年 ナンシー - 1470年12月16日 バルセロナ)は、ロレーヌ(在位:1453年 - 1470年)。ロレーヌ女公であった母イザベルから公位を継承した。父は母の共同統治者としてロレーヌ公でもあったナポリルネ・ダンジュー。妹にヴォーデモン伯フェリー2世妃ヨランドイングランドヘンリー6世マルグリットがいる。

ブルボン公シャルル1世の娘マリー(1428年 - 1448年)と結婚し、4子をもうけたが、ニコラ1世以外の3人の娘は夭逝、1470年のジャン2世の死後ニコラ1世が後を継いだが、1473年にニコラ1世も亡くなると甥ルネ2世(妹ヨランドの子)がロレーヌを相続した。

また、ヨランドの夫フェリー2世の生家・ヴォーデモン伯家はロレーヌ公シャルル2世(母イザベルの父)の弟フェリー1世に始まり、かつてのロレーヌ公家のシャトノワ家の分家で、彼はヨランドと共にフェリー1世の外孫で又従兄弟に当たる。

先代:
イザベルルネ1世
ロレーヌ公
1453年 - 1470年
次代:
ニコラ1世