ジャン2世 (ロレーヌ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン2世
Jean II
ロレーヌ公
カラブリア公
Francesco laurana, medaglia di jean d'anjou, 1464.JPG
出生 1425年
ナンシー
死去 1470年12月16日
バルセロナ
配偶者 マリー・ド・ブルボン
子女 ニコラ1世
父親 ルネ・ダンジュー
母親 イザベル・ド・ロレーヌ
テンプレートを表示

ジャン2世・ダンジュー(Jean II d'Anjou, 1425年ナンシー - 1470年12月16日バルセロナ)は、ロレーヌ(在位:1453年 - 1470年)。カラブリア公も称した(1435年 - 1470年)。ロレーヌ女公であった母イザベルから公位を継承した。父は母の共同統治者としてロレーヌ公でもあったナポリルネ・ダンジュー。妹にヴォーデモン伯フェリー2世妃ヨランドイングランドヘンリー6世マルグリットがいる。

生涯[編集]

1453年に母が亡くなり、父から公位を譲られた[1]

父はナポリを巡りアラゴンアルフォンソ5世と戦い、敗れてナポリを諦めた過去があった。ジャン2世も父と同じくナポリへの野望を抱き、ナポリ王でアルフォンソ5世の庶子フェルディナンド1世に戦いを仕掛け、1457年1459年から1462年にかけてナポリへ遠征した。しかしミラノフランチェスコ・スフォルツァがフェルディナンド1世に味方し援軍を送ったため、ジャン2世は敗れてナポリ王位を断念した[2]

1465年フランスルイ11世とも対立しブルゴーニュシャルルブルターニュフランソワ2世ブルボン公ジャン2世ら反国王派貴族が結成した公益同盟に加わったが、軍備に手間取っているうちにまとまりの弱い公益同盟が分裂、ルイ11世と交渉して同盟から離れた[3]

1466年、息子のニコラとルイ11世の娘アンヌ・ド・ボージューが婚約、国王から10万リーブルの持参金を与えられた。これを機にアラゴン王フアン2世(アルフォンソ5世の弟)から王位を奪い取るため、カタルーニャの支援でイベリア半島へ向かった(父もフアン2世の対立王に推戴される)。アラゴンと戦っている最中に再び反ルイ11世派となりニコラとアンヌの婚約は破棄されたが、アラゴン王位を奪えないまま1470年、父に先立ちバルセロナで病死した[4]

ブルボン公シャルル1世の娘マリー(1428年 - 1448年)と結婚し、4子をもうけたが、ニコラ1世以外の3人の娘は夭逝、ジャン2世の死後ニコラ1世が後を継いだが、1473年にニコラ1世も亡くなると甥ルネ2世(妹ヨランドの子)がロレーヌを相続した。

脚注[編集]

  1. ^ 三角、P167 - P168。
  2. ^ 三角、P159 - P160、グイチャルディーニ、P63、P75、P101。
  3. ^ ミシュレ、P87、P101 - P102、P109 - P110。
  4. ^ 三角、P160 - P161、P168、関、P245、ミシュレ、P172 - P173、P231、P285 - P286、P444 - P445。

参考文献[編集]

先代:
イザベル/ルネ1世
ロレーヌ公
1453年 - 1470年
次代:
ニコラ1世