フェリー2世 (ヴォーデモン伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェリー2世
Ferry II de Vaudémont
ヴォーデモン伯
Ferry II de Vaudémont.jpg
在位 1458年 - 1470年

出生 1428年ごろ
死去 1470年8月31日
Bannière de France style 1500.svg フランス王国ジョアンヴィル英語版
配偶者 ロレーヌ女公ヨランド
子女 ルネ2世
ニコラ
ピエール
ジャンヌ
ヨランド
マルグリット
家名 ロレーヌ家
父親 ヴォーデモン伯アントワーヌ・ド・ロレーヌ
母親 アルクール女伯マリー
テンプレートを表示
ロレーヌ=ヴォーデモン伯の紋章

フェリー2世(フランス語:Ferry II de Vaudémont, 1428年ごろ - 1470年8月31日)は、ヴォーデモン伯およびジョアンヴィル領主(在位:1458年 - 1470年)。ロレーヌ公としてフェリー5世とされる場合もある。

生涯[編集]

フェリー2世はヴォーデモン伯・ジョアンヴィル領主アントワーヌとアルクール女伯・オマール女伯・エルブフ女男爵マリーの間の息子である[1]

1445年にフェリー2世は、ナポリ王・ロレーヌ公ルネ・ダンジューロレーヌ女公イザベルの娘で従姉妹にあたるヨランドと結婚した[2]。この結婚により、ロレーヌ公領の継承に関してフェリー2世の父アントワーヌとイザベルの父ルネ・ダンジューの間で起こっていた訴訟に終止符が打たれた。

フェリー2世とヨランドとの間には以下の6子が生まれた。

1453年、義父ルネはフェリー2世がサヴォイア伯と戦うルイを助けるため軍を送ったことを高く評価した。

義父ルネは1456年バル伯領をフェリー2世に委ね、1459年にはシチリアの中将の名誉称号を与えた。

脚注[編集]

  1. ^ Guenee 1987, p. 334-335.
  2. ^ a b Munns, Richards & Spangler 2016, p. 10.
  3. ^ Potter 1995, p. 374.

参考文献[編集]

  • Guenee, Bernard (1987). Between Church and State: The Lives of Four French Prelates in the Late Middle Ages. The University of Chicago Press 
  • Aspiration, Representation and Memory: The Guise in Europe, 1506–1688. Routledge. (2016) 
  • Potter, David (1995). A History of France, 1460-1560: The Emergence of a Nation State. St. Martin's Press 
先代:
アントワーヌ
ヴォーデモン伯
1458年 - 1470年
次代:
ルネ2世