イオンモール川口前川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール川口前川
ÆON MALL KAWAGUCHI MAEKAWA
Aeonmall Kawaguchi Carat01.jpg
地図
店舗概要
所在地 333-0842[1]
埼玉県川口市前川一丁目1-11[1]
座標 北緯35度49分59.7秒 東経139度42分24.2秒 / 北緯35.833250度 東経139.706722度 / 35.833250; 139.706722座標: 北緯35度49分59.7秒 東経139度42分24.2秒 / 北緯35.833250度 東経139.706722度 / 35.833250; 139.706722
開業日 2000年平成12年)11月8日[2]
施設所有者 サイボー株式会社[1]
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 約72,000[4]
延床面積 102,636m2[1]

約133,000[4]
商業施設面積 52,975m2[1]

約66,000[4]
中核店舗 ジャスコ川口前川店[2][1]

イオン川口前川店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約2,400[4](うち、障害者駐車台数 21)台
前身 サイボー本社・工場
ダイヤモンドシティ・キャラ[2]
イオンモール川口キャラ[1][3]
最寄駅 蕨駅西川口駅鳩ヶ谷駅
(いずれも路線バス利用)
最寄IC 川口西IC川口中央IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示
パティオ(中庭)

イオンモール川口前川(イオンモールかわぐちまえかわ)は、埼玉県川口市に所在するイオンモール株式会社運営のリージョナルショッピングセンターである。

概要[編集]

サイボー株式会社の本社敷地内の工場跡に建つ。2000年平成12年)11月8日開業[2]

株式会社ダイヤモンドシティのモール型SC1号店として開設した[5]

2007年(平成19年)8月21日に株式会社ダイヤモンドシティがイオンモール株式会社と合併した[6]ため、名称が「ダイヤモンドシティ・キャラDIAMOND CITY carat)」から「イオンモール川口キャラ」に変更[1][5]。 同年11月23日に新テナントを誘致し、30代女性を主客層に改装した[5]

2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一[7]に伴い、同年11月21日に「イオンモール川口キャラ」から「イオンモール川口前川」に名称が変更された[3]

なお、核店舗の「ジャスコ川口前川店」は[2]2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[8]ことに伴って「イオン川口前川店」に改称した。

土地・建物はイオンモール川口と同じく、サイボー株式会社から賃借している[1]。両店舗間は直線距離で1.5kmしか離れていない。

主なテナント[編集]

核店舗のイオン川口前川店(2011年(平成23年)2月28日まではジャスコ川口前川店)のほか、約160のテナントが出店している。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を、営業時間は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

過去に存在した主なテナント[編集]

最寄り駅への交通機関[編集]

詳細は公式サイト「アクセスガイド」を参照。

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  2. ^ a b c d e “ダイヤモンドシティ、埼玉県最大級のSC「ダイヤモンドシティ・キャラ」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年11月29日)
  3. ^ a b 『11月21日 (月) モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します』 イオン (2011年10月27日)
  4. ^ a b c d イオンモール川口前川 モール概要”. イオンモール. 2014年8月12日閲覧。
  5. ^ a b c “イオンモール、既存SCを活性化 競争力回復目指す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2007年11月28日)
  6. ^ “イオン、大型SCで中国進出に本腰 開発会社合併効果を発揮”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2007年8月22日)
  7. ^ “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2013年10月24日)
  8. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2011年3月2日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]