アンチモン化アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンチモン化アルミニウム
識別情報
CAS登録番号 25152-52-7 チェック
PubChem 91307
ChemSpider 82452 チェック
EINECS 246-667-3
特性
化学式 AlSb
モル質量 148.742 g/mol
外観 黒色結晶
密度 4.26 g/cm3
融点

1060 °C, 1333 K, 1940 °F

沸点

2467 °C, 2740 K, 4473 °F

への溶解度 insoluble
バンドギャップ 1.58 eV
屈折率 (nD) 3.3
構造
結晶構造 閃亜鉛鉱構造
空間群 T2d-F-43m
配位構造 四面体
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -50.4 kJ/mol
標準モルエントロピー So 65 J/mol K
危険性
安全データシート(外部リンク) MSDS
NFPA 704
NFPA 704.svg
3
0
1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アンチモン化アルミニウム(Aluminium antimonide)は、アルミニウムアンチモンを含むIII-V族半導体である。格子定数は、0.61 nmである。間接バンドギャップは、300Kで約1.6 eVであるが、直接バンドギャップは2.22 eVである。

300Kで、電子移動度は200cm2・V-1・s-1、正孔移動度は4002・V-1・s-1である。屈折率は、波長2μmで3.3、誘電率はマイクロ波波長で10.9である[1]

アンチモン化アルミニウムは、他のIII-V族材料と合金を作ることができ、アンチモン化アルミニウムインジウム(AlInSb)、アンチモン化アルミニウムガリウム(AlGaSb)、アンチモン化アルミニウムヒ素(AlAsSb)等の三元合金を形成する。

アンチモン化アルミニウムは、アンチモン化物イオン(Sb3-)が還元性を持つために可燃性があり、燃えると酸化アルミニウム三酸化アンチモンが生成する。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ K Seeger and E Schonherr "Microwave dielectric constant of aluminium antimonide" Semicond. Sci. Technol. 6 (1991) 301 doi:10.1088/0268-1242/6/4/013