一塩化アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一塩化アルミニウム
識別情報
CAS登録番号 13595-81-8 チェック
PubChem 5359282
ChemSpider 4514257 チェック
ChEBI CHEBI:30131 チェック
特性
化学式 AlCl
モル質量 62.43 g mol−1
精密質量 61.950391148 g mol-1
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -51.46 kJ mol-1
標準モルエントロピー So 227.95 J K-1 mol-1
関連する物質
関連物質 一フッ化アルミニウム
一フッ化ガリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

一塩化アルミニウム(Aluminium monochloride)は、化学式AlClのハロゲン化金属である。この化合物は、アルミニウム含量の多い合金からアルミニウムを精練する過程で精算される。合金を1,300℃以上に加熱した反応槽に入れ、塩化アルミニウムを混合すると、一塩化アルミニウムのガスが生産される[2]

これを900℃に冷やすと、融解アルミニウムと塩化アルミニウムに不均化する。

この分子は、星間物質からも検出されている。ここでは、あまりに希薄なため、分子間衝突は重要ではない[3]

出典[編集]

  1. ^ chloridoaluminium (CHEBI:30131)”. Chemical Entities of Biological Interest (ChEBI). UK: European Bioinformatics Institute. 2014年11月8日閲覧。
  2. ^ Totten, George E.; MacKenzie, D. Scott (2003). Handbook of Aluminum. CRC Press. ISBN 0-8247-0896-2. 
  3. ^ J. Cernicharo, M. Guelin (1987). “Metals in IRC+10216 - Detection of NaCl, AlCl, and KCl, and tentative detection of AlF”. Astronomy and Astrophysics 183 (1): L10–L12. Bibcode 1987A&A...183L..10C.