アンダース・オズボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンダース・オズボーン
Anders Osborne
アンダース・オズボーンat New Orleans Jazz Fest, 2004
アンダース・オズボーン
at New Orleans Jazz Fest, 2004
基本情報
出生名 Anders Osborne
出生 1966年
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
ヴェストラ・イェータランド県
ウッデヴァッラ
ジャンル ロックR&Bブルース
職業 ギタリスト歌手
担当楽器 ギター, ヴォーカル
活動期間 1989年 - 現在
レーベル ラバダッシュ・レコード
オーケー・レコード
シャナキー・レコード
共同作業者 テレサ・アンダーソン
カーク・ジョセフ
公式サイト http://www.andersosborne.com/

{{{Influences}}}

アンダース・オスボーン (Anders Osborne, 1966年, スウェーデンヴェストラ・イェータランド県ウッデヴァッラ生まれ) は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動するギタリストシンガーである。故国スウェーデンより1985年にニューオーリンズへ移住した。ニューオーリンズのファンクR&Bを始め、ブルースなど、アメリカ南部の影響を強く滲ませたサウンドを展開する。

来歴[編集]

ドラマーとして活躍した父親の影響で幼少期からリトル・リチャードファッツ・ドミノジョン・コルトレーンマイルス・デイヴィスなど、アメリカのロックンロールジャズに慣れ親しんだアンダースは、やがてピアノギタードラムスなどの楽器を弾くようになった。16歳のときに家を出てヨーロッパ、アフリカ、中近東、アジア、北アメリカと音楽を演奏しながら放浪した。そして、1985年に最終的に新たな故郷として彼が落ち着いたのがニューオーリンズの地であった。

フレンチ・クオーターに住居を構え演奏活動を始めたアンダースは、同じスウェーデン出身のバイオリン・プレイヤーのテレサ・アンダーソンと出会う。意気投合した2人は、公私を通じたパートナーとなった。2人は1988年にバンドを結成。テレサのプレイは初期のアンダースのサウンドに大きく貢献していくこととなる。翌1989年、地元インディ・レーベルのラバダッシュから声がかかり、同年デビュー・アルバムDoin' Fineをリリースした。1993年には、2枚目となるBreak the Chainをリリースした。

1995年、メジャー・レーベルのオーケーと契約し、アルバムWhich Way to Hereをリリースしたことにより、アンダースの名前は広く知られるようになった。オーケーからは、これに続くアルバムとしてNew Madridがレコーディングされたが、いまだ日の目を見ていない。

1998年、アンダースはパートナーだったテレサと別れ、新たにシャナキー・レコードと契約、心機一転し活動を続行する。1998年Live at Tipitina’s1999年Living Room2001年Ash Wednesday Bluesと順調にアルバムをリリースしていった。2002年には、マルディグラ・インディアンのビッグチーフ、モンク・ブードローとの共作Bury The Hatchetをリリースしている。

2005年のハリケーン・カトリーナ後には、ニューオーリンズの被災を嘆いた"Katrina"を作曲し、ステージで披露するようになった。2006年リリースのTipitina's Live 2006でこの曲を聴くことができる。

またアンダースは1994年以降、ナッシュヴィルに定期的に赴き、ポリグラムユニバーサルといったレコード会社のソングライタープロデューサーとしても活躍している。彼の作曲した“Watch the Wind Blow By”はティム・マグロウが取り上げ、カントリーチャート第1位のヒットを記録した。

アンダースのバンドには、ダーティー・ダズン・ブラス・バンドの創設メンバーのひとりであるカーク・ジョセフ (スーザフォン)、サックスのティム・グリーンらが参加している。ベースのかわりにジョセフのスーザフォンが入ることで、ニューオーリンズ特有のブラスバンド的な雰囲気がサウンドに加わり、アンダースのサウンドを一層ユニークなものとしている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1989年 Doin' Fine (Rabadash)
  • 1993年 Break The Chain (Rabadash)
  • 1995年 Which Way to Here (Okeh)
  • 1998年 Live at Tipitina's (Shanachie)
  • 1999年 Living Room (Shanachie)
  • 2001年 Ash Wednesday Blues (Shanachie)
  • 2002年 Bury the Hatchet (Shanachie) with Big Chief Monk Boudreaux
  • 2006年 Tipitina's Live 2006 (MunckMix)
  • 2007年 Coming Down (M.C. Records)

外部リンク[編集]