アロフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アロフィ
Alofi
アロフィ中央
アロフィ中央
Niue-cia-world-factbook-map.png
Alofi in Niue.svg
南緯19度03分 西経169度55分 / 南緯19.050度 西経169.917度 / -19.050; -169.917
国家  ニュージーランド
自由連合 ニウエの旗 ニウエ
行政区画 アロフィ北アロフィ南
行政
 • 北アロフィ首長 ヴァイガ・トゥクイトガ
Vaiga Tukuitoga[1]
 • 南アロフィ首長 ダルトン・タンゲランギ
Dalton Tagelagi[2]
面積
 • 合計 46.48km2
標高 21m
人口
2017年
 • 合計 597人
 • 密度 12.53/km2
 • アロフィ北
147人
 • アロフィ南
434人
定住人口
 • 移住者 (北アロフィ) 6,214
 • 移住者 (南アロフィ) 6,214
等時帯 UTC-11
市外局番 +683

アロフィAlofi)は、ニウエの首都である。人口597人 (2017年)[5]。アロフィはパラオの首都であるンゲルルムッドに次いで人口が2番目に少ない国の首都である。行政上はアロフィ南とアロフィ北との二つの村(自治体)に分かれている[6][7]

地理[編集]

島の西側にある、アロフィ湾の中央部に位置しており、ニウエを取り囲む唯一のリーフブレイクに近い。島の長さの30% (約7キロ)に渡って広がるアロフィ湾は北のマケフ岬から南のハラギギー岬まで伸びている。 アロフィはアバテレハクプラケパリクマケフマタラウタマカウトガトゥアパと接している。

アロフィには市民の生活を豊かにするための文化的施設がいくつか存在している。現地の文化的・歴史的重要物を保存しているニウエ国立博物館フランス語版や、タ・キリキキ (ta kilikiki、ニウエの伝統的なクリケットの一種)、サッカーバレーボールネットボールゴルフラグビーユニオンなどを開催できる体育館が存在する[8]

気候[編集]

アロフィ
雨温図説明
123456789101112
 
 
260
 
28
23
 
 
250
 
29
24
 
 
300
 
28
24
 
 
200
 
27
23
 
 
130
 
26
22
 
 
80
 
26
21
 
 
90
 
25
20
 
 
100
 
25
20
 
 
100
 
26
21
 
 
120
 
26
21
 
 
140
 
27
22
 
 
190
 
28
23
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Weatherbase[9]

アロフィはケッペンの気候区分によると、熱帯雨林気候であり乾季がない。6月から9月にかけて首都は日本のジメジメした気候とは違い、さらっとした気候となるが、平均雨量が乾季の月の限界である60 mm (2.4 in)を超える。平均気温は若干の揺れがあるものの、最も熱い月 (2月)は29 °C (84 °F)で最も寒い月 (7月と8月)が20 °C (68 °F)と一年を通じて気温差は殆どない。

歴史[編集]

1744年航海士ジェームズ・クックがアロフィのオパヒ桟橋 (Opahi Landing)に上陸した[10]2004年1月に死者2人を出し、大きな被害をもたらしたサイクロン・ヘタ英語版が上陸した。アロフィに位置する病院や政府の庁舎を含む多くの建物が破壊されたため、政府の庁舎は今では海岸から3キロ程離れたフォンアクラ(Fonuakula)と名付けられた新たな町に転移された[11][12]。フォンアクラは行政上ではアロフィ南に位置する。

交通[編集]

ニウエ国際空港が、タマカウトガ村との境にあり、ニュージーランド航空の運航するオークランド-アロフィ便が唯一就航している[13]。アロフィには舗装路未舗装路問わず多くの道路が存在し、首都を縦横無尽に駆け巡る[14]

人口[編集]

2011年 2017年
人口 639 (北:215, 南:424)[15] 597

出身・関連著名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、アロフィに関するカテゴリがあります。

座標: 南緯19度03分 西経169度55分 / 南緯19.050度 西経169.917度 / -19.050; -169.917