ウェスト島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェスト島

West Island
ウェスト島にある空港の滑走路
ウェスト島にある空港の滑走路
Cocos (Keeling) Islands-CIA WFB Map.png
Cocos-keeling-islands-map.svg
南緯12度11分13秒 東経96度49分42秒 / 南緯12.18694度 東経96.82833度 / -12.18694; 96.82833
オーストラリアの旗 オーストラリア
特別地域 ココス諸島の旗 ココス諸島
面積
 • 合計 13.18km2
人口
2011年
 • 合計 133人
 • 密度 10/km2

ウェスト島(ウェストとう、英語: West Island)はインド洋にある、オーストラリアココス諸島の中心地のである。島の住民はオーストラリアから移住した白人が多い。ココス諸島の中では一番大きな島だがそれでも長細く小さな島である。空港など近代的公共機関が集中している。ココヤシが生い茂るだけの無人島だったが、戦争期に飛行場の建設が始まってから人が住むようになった。

人口は133人(2011年[1])。なお、ココス諸島の人口中心地はホーム島で、ココス諸島全人口の約4/5がホーム島に暮らしている。

交通[編集]

諸島唯一の空港がある。

脚注[編集]

  1. ^ Citypopulation.de/Territory of the Cocos (Keeling) Islands