アレクサンドラ・ナザロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif アレクサンドラ・ナザロワ
Alexandra Nazarova
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: ウクライナの旗 ウクライナ
生年月日: (1996-11-30) 1996年11月30日(20歳)
出生地: ハルキウ
身長: 170 cm
パートナー: マキシム・ニキーチン
元パートナー: ミハイル・カサロ
コーチ: イーゴリ・シュピリバンド
ファビアン・ブルザ
元コーチ: アレクサンドル・ズーリン
オレグ・ボルコフ
ガリーナ・リュリロワ
マリアナ・コズロワ
振付師: グレッグ・ズーライン
エイドリエンヌ・レンダ
元振付師: セルゲイ・ペチュホフ
ラリサ・フョードロワ
ガリーナ・リュリロワ
マリアナ・コズロワ
所属クラブ: Kolos Kharkov
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 148.48 2014 CSゴールデンスピン
ショートダンス: 58.20 2014 CSゴールデンスピン
フリーダンス: 90.31 2015 世界Jr.選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
ユースオリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2012 インスブルック アイスダンス
世界ジュニア選手権
2015 タリン アイスダンス

アレクサンドラ・エフゲニエヴナ・ナザロワウクライナ語: Олександра Євгенівна Назарова[1]1996年11月30日 - )は、ウクライナ女性フィギュアスケート選手(アイスダンス)。パートナーはマキシム・ニキーチンなど。

2015年世界ジュニア選手権3位。

経歴[編集]

スケートリンクで、アイスホッケーをしていた兄を待つ時間を潰すために、母にスケートクラスに入れられた。兄はアイスホッケーを止めたが、7歳でスケートを始めることになった。ジャンプが苦手だったためにアイスダンスに転向し、マキシム・ニキーチンとカップルとカップルを結成した。

2010-2011シーズン、ジュニアグランプリシリーズに参戦。2012年のインスブルックユースオリンピックでは銀メダルを獲得した。2013年世界ジュニア選手権の後にコーチのガリーナ・リュリロワに部屋に呼ばれ、「私はあなたたちをそれなりのレベルまで導いてきた。でもこれ以上は上に連れて行ってあげることはできない。」と言われ、アレクサンドル・ズーリンを紹介された。オーベルストドルフのセミナーに参加後、ロシアモスクワへと渡った[2]

2013-2014シーズン、ジュニアグランプリシリーズのバルティック杯で銀メダルを獲得し、続くタリン杯でも銀メダルを獲得して、ジュニアグランプリファイナルに進出した5位だった。

2014-2015シーズン、初のシニアの大会となったワルシャワ杯で銀メダルを獲得。ウクライナ選手権で初優勝。初出場の欧州選手権では11位。世界ジュニア選手権ではこの種目でウクライナに19年ぶりのメダルをもたらした。世界選手権では17位だった。

2015-2016シーズン、ウクライナ選手権は怪我で欠場。欧州選手権の代表からも外れた[3]。シーズン終了後、コーチをイーゴリ・シュピリバンドに変更し、練習拠点をアメリカのノバイに移した[4]

主な戦績[編集]

大会/年 2007-08 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17
世界選手権 17 19
欧州選手権 11
ウクライナ選手権 1 J 1 J 1
GPフランス杯 7
GPスケートアメリカ 7
CSタリントロフィー 6
CS USクラシック 4
CSゴールデンスピン 4
CSワルシャワ杯 2
ニース杯 3
世界Jr.選手権 11 5 3
JGPファイナル 5
JGPタリン杯 2 3
JGPクールシュヴェル 4
JGPバルティック杯 2
JGPクロアチア杯 5
JGPオーストリア 11 5
JGP J.カリー記念 7
ユースオリンピック 2
ボルボオープン 2 J
サンタクロース杯 8 J 1 J
NRW杯 1 N 1 N 10 J 5 J 7 J
イスタンブール杯 5 J
  • J - ジュニアクラス
  • N - ノービスクラス

詳細[編集]

2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2016年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯パリ 7
56.61
7
88.78
7
145.39
2016年10月19日-23日 2016年ニース杯ニース 4
56.98
3
83.58
3
140.56


2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 20
53.64
18
77.75
19
131.39
2015年11月18日-22日 ISUチャレンジャーシリーズ タリントロフィータリン 4
53.82
10
74.02
6
127.84
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 7
50.53
7
85.07
7
135.60
2015年9月16日-20日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 5
48.40
4
73.78
4
122.18


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 17
55.08
17
78.72
17
133.80
2015年3月2日-8日 2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 5
55.77
2
90.31
3
146.08
2015年1月26日-2月1日 2015年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ストックホルム 12
54.66
11
84.36
11
139.02
2014年12月18日-20日 ウクライナフィギュアスケート選手権キエフ 1
62.68
1
93.21
1
155.89
2014年12月4日-7日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 4
58.20
4
90.28
4
148.48
2014年11月20日-23日 ISUチャレンジャーシリーズ ワルシャワ杯ワルシャワ 3
51.06
2
85.84
2
136.90
2014年9月24日-28日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 6
47.70
3
80.89
3
128.59
2014年8月20日-24日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 5
43.44
3
77.44
4
120.88


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2014年3月10日-16日 2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 7
53.47
4
81.18
5
134.65
2013年12月5日-8日 2013/2014 ISUジュニアグランプリファイナル福岡 5
51.32
5
71.85
5
123.17
2013年11月7日-10日 2013年ボルボオープンカップ ジュニアクラス(リガ 2
57.69
2
82.64
2
140.33
2013年10月9日-13日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 4
51.89
2
82.89
2
134.78
2013年9月18日-22日 ISUジュニアグランプリ バルティック杯グダニスク 2
55.61
2
79.61
2
135.22


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2013年2月25日-3月3日 2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミラノ 12
48.03
9
71.12
11
119.15
2013年1月27日-31日 ウクライナフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(リガ 1
56.20
1
81.28
1
137.48
2012年11月2日-4日 2012年NRW杯 ジュニアクラス(ドルトムント 5
51.86
7
70.94
7
122.80
2012年10月3日-7日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 5
49.13
6
64.93
5
114.06
2012年9月12日-16日 ISUジュニアグランプリ オーストリアリンツ 7
44.54
5
69.64
5
114.18


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2012年1月14日-22日 インスブルックユースオリンピックインスブルック 2
57.44
2
74.24
2
131.68
2011年12月14日-17日 2011年イスタンブール杯 ジュニアクラス(イスタンブール 5
42.09
3
62.71
5
104.80
2011年11月22日-25日 ウクライナフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ドニプロペトロウシク 1
51.59
1
69.41
1
121.00
2011年11月4日-6日 2011年NRW杯 ジュニアクラス(ドルトムント 6
47.88
5
69.20
5
117.08


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2010年11月5日-7日 2010年NRW杯 ジュニアクラス(ドルトムント 10
37.81
10
61.45
10
99.26
2010年9月29日-10月3日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 8
38.24
8
60.28
7
98.52
2010年9月15日-19日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯グラーツ 12
36.93
10
55.92
11
92.85


プログラム使用曲[編集]

シーズン SD FD EX
2016-2017 ブルース:オンリー・ユー
作曲:バック・ラム
スウィング:トゥッティフルッティ
曲:リトル・リチャード
Droit de Cite 映画『ミックマック』サウンドトラックより
作曲:ラファエル・ボー
Sur le mesure
作曲:ユーグ・ル・バール
Diabolique 映画『ミックマック』サウンドトラックより
作曲:ラファエル・ボー
2015-2016 ワルツ:美しき青きドナウ
作曲:ヨハン・シュトラウス2世
マーチ:ラデツキー行進曲
作曲:ヨハン・シュトラウス1世
幻想曲第3番 ニ短調
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
2014-2015 サンバ:Vocalizado
by Luciano Perrone
ルンバ:Perfidia
作曲:ジョン・アルトマン
フラメンコ:Street Dance
by Didulia
フラメンコ
Escalier
by Hugues Le Bars
G線上のアリア
作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
Tchack
by Hugues Le Bars
タンゴ・ジェラシー
作曲:ヤコブ・ゲーゼ
2013-2014 クイックステップ:Man With the Hex
演奏:The Atomic Fireballs
フォックストロット:マック・ザ・ナイフ
作曲:クルト・ヴァイル
ミュージカル『キャバレー』より
作曲:ジョン・カンダー
Love the Way You Lie
曲:エミネム feat. リアーナ
2012-2013 ブルース:Gota Broken Heart
演奏:ウォルター・トラウト
スウィングセット
Gopher Mambo
Habanera
Malambo
2011-2012 Lacrymosa
曲:エヴァネッセンス
2010-2011 パダム・パダム
ボーカル:エディット・ピアフ
タンゴ:タンゴ・オブ・ラブ
作曲:エドウィン・マートン
Mix Swing Music
演奏:Diablo Swing Orchestra
O'Clock Blues
演奏:エリック・クラプトン
Jurassic 5 Swing Set

脚注[編集]

  1. ^ ウクライナ語ラテン翻字: Oleksandra Nazarova または Alexandra Nazarova
  2. ^ Alexandra Nazarova/Maxim Nikitin: “You can do more with four hands and four legs”
  3. ^ Оприлюднено склад збірної України на чемпіонат Європи з фігурного катання
  4. ^ Украинская пара фигуристов Назарова/Никитин перешла от тренера Жулина к Шпильбанду

参考文献[編集]