APAMAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
APAMAN株式会社
Apaman Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 8889
2001年3月15日上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0004
東京都千代田区大手町2丁目6-1 朝日生命大手町ビル
設立 1999年(平成11年)10月20日
(株式会社アパマンショップネットワーク)
業種 不動産業
法人番号 4010001078337
事業内容 賃貸斡旋事業
PM事業
プリンシパル・インベストメント事業
ファンド事業他
代表者 大村 浩次(代表取締役社長
資本金 76億13百万円
売上高 連結:373億83百万円
2016年9月期)
営業利益 連結:24億89百万円
(2016年9月期)
純利益 連結:16億39百万円
(2016年9月期)
純資産 連結:40億87百万円
(2016年9月30日現在)
総資産 連結:422億91百万円
(2016年9月30日現在)
従業員数 連結:956人
(2016年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 大村 浩次 16.63%
三光ソフランホールディングス(株) 5.29%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 5.16%
(2016年9月30日現在)
主要子会社 グループ会社一覧の項目を参照
外部リンク http://www.apamanshop-hd.co.jp/
特記事項:2018年1月1日に「アパマンショップホールディングス」から商号変更
テンプレートを表示

APAMAN株式会社: Apaman Co., Ltd.)は、不動産賃貸仲介の大手フランチャイズブランドであるAPAMANグループにおいて、事業戦略の策定や経営管理、経営資源の最適配分を行う持株会社である。

沿革[編集]

  • 1999年平成11年)10月 - 株式会社アパマンショップネットワーク設立。
  • 2001年(平成13年)3月 - ナスダック・ジャパン(現ジャスダック)上場。
  • 2002年(平成14年)
    • 8月 - 株式会社グリーンボックス管理の全株式を取得、子会社化。
    • 10月 - 株式会社ウェブポータルの株式を取得、子会社化。
  • 2003年(平成15年)6月 - 株式会社グリーンボックス管理、株式会社ウェブポータルを吸収合併
  • 2005年(平成17年)
    • 3月 - (初代)小倉興産株式会社の株式を取得、子会社化。
    • 5月 - 株式会社鈴木工務店(後のAS-SZKi)と資本・業務提携を実施。
    • 9月 - アパマンショップ北海道を吸収合併。
  • 2006年(平成18年)7月 - 株式会社アパマンショップネットワーク、株式会社アパマンショップリーシング、株式会社ASNアセットマネジメントに事業を分割・承継、持株会社体制に移行。「株式会社アパマンショップホールディングス」に商号変更。(初代)小倉興産株式会社を吸収合併。
  • 2013年(平成25年)10月 - 株式会社アパマンショップリーシングが株式会社AS-SZKiを吸収合併。
  • 2018年(平成30年)1月 - 商号を「APAMAN株式会社」へ変更。

グループ会社一覧[編集]

  • Apaman Network株式会社
  • Apaman Property株式会社
  • 株式会社アパマンショップリーシング
    • 株式会社アパマンショップリーシング北海道
    • 株式会社アパマンショップリーシング福岡
  • 株式会社アパマンショップサブリース
  • 株式会社オフィスアテンド
  • 株式会社あるあるCity
  • 株式会社あるあるCityエンターテイメント
  • 株式会社全国賃貸保証
  • 株式会社エイエス・コミュニケーションズ
  • 株式会社エイエスサンプク
  • Apaman Design株式会社
  • Sharing Economy株式会社
  • fabbit株式会社
  • 株式会社システムソフト(持分法適用関連会社)

アパマンショップキャンペーンガール[編集]

2006年(平成18年)より、アパマンショップのさらなるブランドイメージ向上を図るため、お部屋探しのニーズの高い若年層のお客様に近い年代のキャンペーンガールを起用している。契約期間は1年間で、業務内容は主にアパマンショップグループにて製作する各種媒体(WEBサイト、パンフレット、ポスター、住宅情報誌や加盟店向け映像、従業員教育ビデオ等)のモデル、アパマンショップグループやフランチャイズ加盟店などが主催するイベントにおけるプロモーション活動を行うこととなっており、将来的にはパブリシティとしてTVや映画への出演の可能性もある。

2009年(平成21年)は不況により開催が見送られたため、2010年(平成22年)が第4回開催となる。2011年(平成23年)、2012年(平成23年)も開催が見送られた。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

  • CHINTAI - 旧賃貸情報ニュース社、賃貸物件ニュースの専門誌『週刊CHINTAI』の編集・発行元
  • エイブル - 上記会社の兄弟会社で、アパマン社のライバル会社でもある
  • コマーシャル・アールイー - アパマン社は株主だったが、包括的業務提携を解消した
  • アビスパ福岡 - 福岡市を本拠地とするサッカークラブで子会社のシステムソフトが筆頭株主。アビスパ社長の川森敬史はAPAMANの常務取締役。

外部リンク[編集]