札幌不動産仲介店舗ガス爆発事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
札幌不動産仲介店舗ガス爆発事故

爆発事故の現場.jpg
爆発事故があった翌朝の現場の様子

日付 2018年(平成30年)12月16日 日曜日
時間 20時29分頃(JST)
場所 北海道札幌市豊平区
座標 北緯43度2分1.8秒 東経141度22分9.1秒 / 北緯43.033833度 東経141.369194度 / 43.033833; 141.369194座標: 北緯43度2分1.8秒 東経141度22分9.1秒 / 北緯43.033833度 東経141.369194度 / 43.033833; 141.369194
原因 未使用のスプレー缶120本を噴射した後、湯沸かし器を点火したところ爆発
死者 0人
負傷者 52人
損害 当該雑居ビルが倒壊炎上、付近の建物のガラスが破損、大規模停電等
テンプレートを表示

札幌不動産仲介店舗ガス爆発事故[注釈 1](さっぽろふどうさんちゅうかいてんぽガスばくはつじこ)とは、2018年(平成30年)12月16日北海道札幌市豊平区で発生したガス爆発事故である。

事故概要[編集]

2018年12月16日20時29分頃[1]札幌市豊平区平岸の「アパマンショップ平岸駅前店」(運営はAPAMAN子会社の「アパマンショップリーシング北海道」)等が入居する木造2階建ての雑居ビル(酒井ビル[1])で爆発が発生。同店および隣接する居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」が倒壊・炎上し、52人が負傷した[2][3][注釈 2]北海道新聞の報道によると、爆発音は20km離れた江別市内でも聞こえたという[5]。火災は翌17日2時10分に鎮火した[1]

事故原因[編集]

北海道警察などの捜査によると、この日、アパマンショップ平岸駅前店内では、店舗改装に伴い、従業員がジメチルエーテル (DME) とエタノールを含んだ未使用の除菌消臭スプレー120本を廃棄するため、噴射して空にするという処理を行っていた。このとき、店舗のドアや窓は締め切られたままで換気されていなかった。その後、湯沸かし器を点けた際に、店舗内に充満したガスに引火し、爆発が起きた[6][7][8]。爆発の衝撃で同店などのプロパンガスボンベの配管が外れ、可燃性のガスが流出したことも火災が広がった原因とみられる[9]

事故発生当初、運営会社はスプレー缶の在庫は160本としていたが、道警の捜査では店内から240本以上のスプレー缶を押収している[10]。また同店店長によると、事故当日の昼頃に屋外でスプレー缶の廃棄処理を行ったが、通行人に目撃されたためすぐに店内に戻ったという[11]。実際に、店舗裏で男性従業員2人が壁に向かってスプレー缶4本を噴射しているのを近隣住民が目撃している[12]

この爆発について、元北海道大学工学部特任准教授の早坂洋史(火災科学)は「音速を超える衝撃波を伴う爆轟が起きた可能性がある」と指摘している[13]

発生直後は北海道警が原因を特定していなかったため[14]、居酒屋を爆発の発生源と疑う初期報道もあった[15]

被害[編集]

隣接の居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」ではほぼ満席の40人以上の客がいた[16]。特に2階では階段付近から出火したため避難しにくくなったが、多くの客が不動産店舗と逆側に逃げたことで2階の床が抜け、1階の瓦礫がクッションとなり全員が外に避難することができた[16][17]

被害は現場となった建物のみならず、周辺のマンションで窓ガラスが割れる、吹き飛ばされたトタン屋根が架線に接触した結果240戸が停電するなど近隣一体に及んだため、札幌市は「平岸まちづくりセンター」を避難所として開放[17]し、窓ガラスが割れた家の住人など60人が一時避難した[18][19]。その他、現場前の国道453号平岸街道)が通行止めとなったため[注釈 3]、沿線の店舗は営業休止、北海道中央バスじょうてつバスは一部路線の迂回運行を余儀なくされるなど、市民生活にも影響が出た[22]

  • 負傷者の内訳[23]
    • アパマンショップ - 2人
    • 北のさかな家 海さくら平岸店 - 1階18人、2階26人
    • ファミリーレストラン(ロイヤルホスト) - 2人
    • 住宅内 - 1人
    • 乗用車内 - 1人
    • 歩行者 - 1人
    • 消防隊員 - 1人

事故後の対応・影響[編集]

この事故を受け、APAMANは同月18日にホームページ上で謝罪文を発表[24]したほか、同日夕にはアパマンショップリーシング北海道の社長が謝罪会見を行った[25][26]。20日には被害者相談のための「現地受付窓口」を現場近くのビルに開設している[27][28]。同22日夜には被害者向けの説明会を開いた[21]。 なお事故発生翌日の17日には、東証ジャスダックにおいてAPAMANの株価が後場に入り急落した[29]

また従業員が噴出したスプレーはすべて新品で、同店ではこれらのスプレーを使う消臭サービスについて、顧客から代金を受け取っていながら未実施のケースがあったことが前述の会見で明らかになっている[30][31]。アパマンショップリーシング北海道は運営する道内13店舗において実態調査する意向を示しており、またAPAMANも他の子会社の運営店舗で同様の事例がないか調査すると発表した[31][32]

札幌市消防局により、爆発があった雑居ビルには消防法上多くの不備があったことが明らかにされた[33]。雑居ビル所有者と入居していた3テナントにはいずれも防火管理者をおく義務があったが、いずれも選任されていなかった[33]。また、消防計画もなく、漏電火災警報器や避難器具も設置されていなかった[33]。2016年6月から2018年10月まで計12回に渡り消防局が指導を行っていたが、結局何の対策もなされていなかったという[33]

APAMANは、爆発火災事故の賠償金などで、2019年9月期に特別損失10億円を計上すると発表し、同期の連結純損益予想を従来の6億円の黒字から1億円の赤字に下方修正した[34]

現場付近の被災者への補償は大幅に遅れており、店舗移転を余儀なくされた被害者へ移転費用を補償しない等の問題が発生している[35]。なお巻き込まれた店舗のうち前述の「海さくら」については、事故から約半年後の2019年6月26日南区澄川へ移転したうえ営業を再開した[36]

事故から約1年経った2019年12月2日、道警はアパマンショップ平岸駅前店(当時)の店長の男を、重過失傷害と重過失激発物破裂の疑いで書類送検した‪[37]。‬2020年4月9日、札幌地検は元店長を同罪で在宅起訴し[38]、6月16日に初公判が開かれた。

裁判[編集]

2019年12月16日、爆発現場に隣接するマンションの住民30名がアパマンショップリーシング北海道に対し、精神的苦痛に対する慰謝料などとして総額5050万円の損害賠償を求めて札幌地方裁判所に提訴した[39][2]

2020年8月18日、重過失傷害と重過失激発物破裂の罪に問われた元店長に対し、札幌地方裁判所は禁錮3年、執行猶予4年(求刑・禁錮3年6月)の判決を言い渡した[40]

跡地[編集]

事故現場となった2つの建物は直ちに解体・建て替えられ、2020年3月に地上3階建ての「CLIFF SIDE BLDG.」(クリフサイドビル)が竣工[2][41]。同ビルの1階にコンビニエンスストアファミリーマート札幌平岸3条8丁目店が入居している[2][42]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 大手新聞社では主に「札幌爆発」で報道されている。
  2. ^ 事故発生当初、負傷者数は41名とされていたが、自力で病院に向かうなどした人数を後に豊平警察署が把握し訂正された[4]
  3. ^ 札幌市街向きの車線の通行止めは19日[20]真駒内向きの車線については22日に解除[21]

出典[編集]

  1. ^ a b c “『酒井ビル』(豊平区平岸3条8丁目)の火災について” (PDF) (プレスリリース), 札幌市消防局予防部, http://www.city.sapporo.jp/somu/koho/hodo/201812/documents/toyohiraku_kasai_01.pdf 2018年12月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d “「アパマン」札幌平岸ガス爆発事故現場に「ファミリーマート」が入る新テナントビル”. リアルエコノミー. (2020年3月21日). https://hre-net.com/keizai/ryutu/43619/ 2020年4月25日閲覧。 
  3. ^ “札幌・平岸で爆発、飲食店など倒壊 41人が重軽傷”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2018年12月17日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/258544 2020年4月25日閲覧。 
  4. ^ “札幌・平岸爆発 新たに10人の負傷確認 重軽傷者52人に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2018年12月20日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/260277 2020年4月25日閲覧。 
  5. ^ “15キロ先 江別でも爆発音聞こえる”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2018年12月19日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/259490 2020年4月25日閲覧。 
  6. ^ “札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年12月18日). https://mainichi.jp/articles/20181218/k00/00m/040/063000c 2018年12月21日閲覧。 
  7. ^ スプレー缶100本超を窓開けず噴射 不動産店従業員 札幌・平岸爆発北海道新聞 2018年12月18日
  8. ^ “未使用スプレー120本噴射 札幌・平岸爆発 密閉店内、一斉に”. 北海道新聞. (2018年12月19日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/259636 2018年12月21日閲覧。 
  9. ^ ガス配管 衝撃で外れる 漏れて燃え広がった可能性 札幌爆発北海道新聞 2018年12月20日
  10. ^ “店長「期限近い物処分」札幌の爆発、スプレー噴射”. 産経新聞. (2018年12月22日). https://www.sankei.com/affairs/news/181222/afr1812220012-n1.html 2020年5月31日閲覧。 
  11. ^ “日中は屋外でスプレー噴射 通行人に目撃され中止か 札幌爆発”. 北海道新聞. (2018年12月19日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/259873 2018年12月24日閲覧。 
  12. ^ “「缶4本、外壁に一気に噴射」 爆発当日昼に通行人目撃”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年12月17日). https://www.asahi.com/articles/ASLDK5H1SLDKIIPE027.html 2018年12月24日閲覧。 
  13. ^ 時速1200キロ超の衝撃波「爆轟」発生か 250メートル先でも被害 札幌爆発北海道新聞 2018年12月20日
  14. ^ 居酒屋と不動産店の被害大 発生元の特定急ぐ 札幌爆発事故産経新聞 2018年12月17日
  15. ^ ご報告尾形幸弘アメブロ 2018年12月19日
  16. ^ a b “不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」札幌爆発事故”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年12月18日). https://mainichi.jp/articles/20181218/k00/00m/040/170000c 2018年12月21日閲覧。 
  17. ^ a b “店内パニック、一気に抜け落ちる床…札幌爆発”. 読売新聞. (2018年12月23日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20181223-OYT1T50026.html 2018年12月24日閲覧。 
  18. ^ 暖求め駆け込む住民 札幌爆発 平岸まちセン、現場判断で避難所開設 商店街は弁当提供北海道新聞 2018年12月18日
  19. ^ 日曜の夜に何が…爆発、倒壊、炎、停電、住民避難…発生からのドキュメント 札幌市豊平区北海道放送 2018年12月17日
  20. ^ 通行止めになっていた平岸通が一部通行可能に 爆発から4日目 札幌市豊平区平岸北海道放送 2018年12月19日
  21. ^ a b 爆発から1週間 続くがれき撤去 札幌・平岸北海道新聞 2018年12月23日
  22. ^ 規制線内の店、休業余儀なく 路線バスは迂回 札幌爆発北海道新聞 2018年12月19日
  23. ^ “隣接居酒屋で44人負傷 札幌・平岸爆発のけが52人に”. 北海道新聞. (2018年12月21日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/260600 2018年12月21日閲覧。 
  24. ^ “札幌市豊平区の爆発事故に関するお詫びとお知らせ” (PDF) (プレスリリース), APAMAN, (2018年12月18日), http://www.apamanshop-hd.co.jp/ir/pdf/ir/2018/12/irnews1014_20181218.pdf 2018年12月21日閲覧。 
  25. ^ APAMAN株式会社が謝罪 札幌爆発事故「スプレー缶約120本を廃棄処理」スポニチアネックス 2018年12月18日
  26. ^ アパマン北海道社長 スプレー缶の可燃性 店長「認識せず」取り扱い規定は「ない」スポニチアネックス 2018年12月18日
  27. ^ “「アパマン」が現場近くに相談窓口 札幌爆発事故”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年12月21日). https://mainichi.jp/articles/20181221/k00/00m/040/233000c 2018年12月21日閲覧。 
  28. ^ 札幌爆発 APAMANが現地受付事務所を設置「被害状況を正確に把握」「誠心誠意対応」スポニチアネックス 2018年12月20日
  29. ^ アパマンショップ親会社の株価急落 従業員の「スプレー缶穴開け」が札幌爆発事故の原因かITmedia 2018年12月17日
  30. ^ 消臭代1~2万円取ってスプレーせず? 処分後に爆発か:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2018年12月18日). 2019年2月14日閲覧。
  31. ^ a b サービス怠った?「札幌爆発」新品スプレー缶120本 一度に噴射 アパマン謝罪可燃性認識「なかった」スポニチアネックス 2018年12月19日
  32. ^ APAMAN 2子会社で消臭サービス実施を調査へスポニチアネックス 2018年12月19日
  33. ^ a b c d “札幌の爆発ビル、過去に計12回指導 消防計画など不備”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASLDK53QFLDKIIPE01J.html 2018年12月24日閲覧。 
  34. ^ 爆発事故の賠償金10億円=赤字転落へ-アパマン:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2019年2月13日). 2019年2月13日閲覧。
  35. ^ 平岸爆発2カ月 被害店舗再開遠く 補償の見通し立たず北海道新聞 2019年2月16日
  36. ^ 吹き飛んだ居酒屋再開へ 平岸爆発半年、澄川に新店舗 常連客の励まし支え:北海道新聞 どうしん電子版北海道新聞 2019年6月14日
  37. ^ “被害店舗漏水頻発 日常戻らず憤り 北海道・アパマン爆発1年”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2019年12月3日). https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/040/007000c.amp 2020年4月25日閲覧。 
  38. ^ “アパマン元店長を在宅起訴 爆発負傷事故―札幌地検”. 時事通信 (時事通信社). (2020年4月9日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2020040901162&g=soc 2020年5月3日閲覧。 
  39. ^ “爆発被害と精神的苦痛 住民提訴”. NHK札幌放送局. (2019年12月16日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/20191216/7000016264.html 2020年4月25日閲覧。 
  40. ^ 札幌アパマン爆発、元店長に有罪判決 禁錮3年、執行猶予4年”. 毎日新聞 (2020年8月18日). 2020年8月17日閲覧。
  41. ^ CLIFF SIDE BLDG.(豊平区・北海道)”. 三幸エステート. 2020年4月25日閲覧。
  42. ^ 札幌平岸3条8丁目店”. ファミマップ. ファミリーマート. 2020年4月25日閲覧。

関連項目[編集]