アナ・マリア・ヨペック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナ・マリア・ヨペック
Anna Maria Jopek
Anna Maria Jopek 20080706.jpg
アナ・マリア・ヨペック(2008年)
基本情報
生誕 (1970-12-14) 1970年12月14日(50歳)
出身地 ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ
ジャンル ワールドミュージックジャズポップス
職業 シンガーソングライター、ミュージシャン
担当楽器 ボーカル、キーボード
活動期間 1997年 -
レーベル ポリグラム・ポーランド、ユニバーサルミュージック・ポーランド、AMJ Music
共同作業者 パット・メセニー小曽根真
公式サイト anna-maria-jopek.com

アナ・マリア・ヨペック[1](ポーランド語:Anna Maria Jopek)は、ポーランド音楽家歌手作詞家作曲家音楽プロデューサーでもある。これまでにポーランドのゴールドディスクを10回、プラチナディスクを7回獲得。2015年にはポーランド復興勲章を受章している。

来歴・人物[編集]

1970年12月14日、ワルシャワ生まれ。音楽一家に生まれ育つ。父親のスタニスワフ・ヨペックは元マゾフシェ舞踏団の花形ソリスト。母親のマリア・スタンキェヴィッチ・ヨペックは元マゾフシェ舞踏団の歌手でダンサー。妹のパトリツィアは現役のヴァイオリニスト。ワルシャワの名門ショパン音楽アカデミーで学ぶ。卒業後はニューヨークにあるマンハッタン音楽院でジャズを学ぶ。

1997年アルバム『Ale jestem』でデビュー。2000年にインターナショナル盤『Barefoot』で国際的な活動をスタート。その後も2005年に『シークレット』、2008年に『ID』をインターナショナル盤で発表。2002年にパット・メセニーとのコラボレーション・アルバム『ウポイエニェ』(ポーランド国内盤)を発表し、2008年に同作品のインターナショナル盤をリリース。

これまでにコラボレーションした主なアーティストは、ブランフォード・マルサリスオスカー・カストロ・ネヴィスボビー・マクファーリンユッスー・ンドゥールナイジェル・ケネディクリス・ボッティ小曽根真リチャード・ボナミノ・シネルクリスチャン・マクブライドギル・ゴールドスタインゴンサロ・ルバルカバなど。

世界各国で公演を行っており、日本でも度々コンサートを行っている。2014年には「V4+日本」交流年親善大使に就任。東日本大震災の被災地でチャリティ・コンサートを行ったり、「松下奈緒 V4+JAPANスペシャルコンサート」に出演するなど、様々な活動を行った。

2015年、芸術分野での実績とポーランド音楽の国外普及活動が高く評価され、ポーランド大統領から、ポーランド復興勲章が贈られている。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Ale jestem (1997年)
  • Szeptem (1998年)
  • Jasnosłyszenie (1999年)
  • Dzisiaj z Betleyem (1999年)
  • Bosa (2000年)
  • Barefoot (2002年)
  • Nienasycenie (2002年)
  • 『ウポイエニェ』 - Upojenie (2002年) ※with パット・メセニー
  • 『シークレット』 - Secret (2005年)
  • Niebo (2005年)
  • 『ID』 - ID (2007年)
  • Polanna (2011年)
  • Sobremesa (2011年)
  • 『HAIKU』 - Haiku (2011年) ※with 小曽根真
  • Minione (2017年) ※with ゴンサロ・ルバルカバ
  • Czas kobiety (2017年) ※with ロバート・クビスジン
  • 『ULOTNE / 幻想』 - Ulotne (2018年) ※with ブランフォード・マルサリス

ライブ・アルバム[編集]

  • Farat (2003年)
  • Jo & Co (2008年)

コンピレーション・アルバム&スペシャル・アルバム[編集]

  • Z pamięci (2003年) ※『Farat』のスペシャル・エディション
  • Niebo Special edition (2006年) ※『Niebo』のスペシャル・エディション
  • Anna Maria Jopek (2006年)
  • Dwa serduszka, cztery oczy (2008年) ※『ID』のスペシャル・エディション。『ID』『Spoza』『Jo & Co』の3CDを収録
  • Lustra (2011年) ※『Polanna』『Haiku』『Sobremesa』の3CDを収録

シングル[編集]

  • "Chwilozofia 32-bitowa" (1996年)
  • "Ale jestem" (1997年)
  • "Joszko Broda" (1997年)
  • "Wiem i Chcę" (1997年)
  • "Nie przychodzisz mi do głowy" (1997年)
  • "Cud niepamięci" (1998年)
  • "Przed rozstaniem" (1998年)
  • "Ja wysiadam" (1999年)
  • "Księżyc jest niemym posłańcem" (1999年)
  • "Na całej połaci śnieg" (1999年)
  • "Nadzieja nam się stanie" (1999年)
  • "Smutny Bóg" (2000年)
  • "Ślady po Tobie" (2000年)
  • "Szepty i łzy" (2000年)
  • "Jeżeli chcesz" (2000年)
  • "Henry Lee" / "Tam, gdzie rosną dzikie róże" (2001年)
  • "Upojenie" (2001年)
  • "Na dłoni" (2002年)
  • "O co tyle milczenia" (2002年)
  • "I pozostanie tajemnicą" (2002年)
  • "Małe dzieci po to są" (2003年)
  • "Tam, gdzie nie sięga wzrok'" (2003年)
  • "Mania Mienia" (2003年)
  • "Możliwe" (2004年)
  • "Gdy mówią mi" (2005年)
  • "A gdybyśmy nigdy się nie spotkali" (2006年)
  • "Teraz i tu" (2007年)
  • "Zrób, co możesz" (2007年)
  • "Skłamałabym" (2007年)
  • "Cisza na skronie, na powieki słońce" (2008年)
  • "Możliwe" (2009年)
  • "Sypka Warszawa" (2009年)
  • "Tylko tak mogło być" (2011年)
  • "Lizbona, Rio i Hawana" (2011年)
  • "Deszcz" (2013年)
  • "Ktoś zbudził mnie" (2013年)
  • "Uwaga, uwaga" (2015年)
  • "Love Is a Traveller" (2016年)
  • "Twe usta kłamią" (2017年)
  • "Kogo nasza miłość obchodzi" (2017年)
  • "To ostatnia niedziela" (2017年)
  • "Patrz i słuchaj" (2018年)
  • "Niepojęte i ulotne" (2018年)
  • "Czekanie" (2018年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アンナ・マリア・ヨペック」「アンナ・マリア・ヨペク」の表記もある。

外部リンク[編集]

先代:
Kasia Kowalska
ユーロビジョン・ソング・コンテスト・ポーランド代表
1997年
次代:
Sixteen