アッティラ・ウングバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いウングバーリ・アッティラと表記することもあります。
獲得メダル
 ハンガリー
男子 柔道
ヨーロッパ選手権
2010 ウィーン 73kg級

アッティラ・ウングバリ(Attila Ungvari 1988年10月25日- )はハンガリーペシュト県ツェグレード出身の柔道選手。階級は73kg級と81kg級[1]。兄はロンドンオリンピックの66kg級で2位になったミクローシュ・ウングバリ[2]

人物[編集]

2007年のU23ヨーロッパ選手権66kg級で3位になった[1]。その後階級を73kg級に上げると、2009年のユニバーシアードで2位になるが、世界選手権では7位だった[1]。2010年のヨーロッパ選手権で3位になると、 U23ヨーロッパ選手権では優勝した[1]。2011年にはワールドマスターズで3位、グランドスラム・パリで2位、地元開催のワールドカップ・ブダペストで優勝した[1]。しかし、ワールドマスターズとワールドカップ・ブダペストにおけるドーピング検査でステロイドの一種であるスタノゾロールの陽性反応を示したことで、2年間の出場停止処分を受けた[2][3][4]。これにより、2012年のロンドンオリンピックには出場できなかったが、66kg級に出場した兄は2位になった[2]。2013年には復帰すると、81kg級に階級を変更した[2]。2015年のグランプリ・ウランバートルで2位、2016年のグランプリ・ブダペストで3位になるなど一定の成績を収めるが、ラスロー・チョクニャイとの代表争いに敗れて2016年のリオデジャネイロオリンピックには出場できなかった[1]

主な戦績[編集]

  • 2007年 - U23ヨーロッパ選手権 3位(66kg級)

73kg級での戦績

81kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]