アジアテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジアテックエンジンを搭載するミナルディマーク・ウェバーがドライブ。2002年フランスグランプリ

アジアテックAsiatech)は、2001年2002年F1に参戦していたレーシングエンジンビルダー、アジア・モーター・テクノロジーズ・フランス (Asia Motor Technologies France) の商号。 日本の民間資本を元にジョン・ゲイノーエンリケ・スカラブローニが設立、2000年シーズンの終わりに撤退したプジョーのF1エンジンプログラムを引き継いだ。その計画はトップレベルのヨーロッパのエンジン技術をアジアが習得し、アジアメインのF1チームを創設することであった。

同社はスタッフを170名から220名まで増やし、オリジナルシャシーの風洞モデルを開発、2001年はアロウズ、2002年はミナルディにエンジンを供給していたが、スポンサーからの資金が途絶えるとスタッフと設備をプジョーに返却、2002年シーズンの終わりと共に消滅した。

概要[編集]

前身はプジョー社内のF1エンジン開発チーム。同社が2000年限りでF1から撤退することを発表すると、アジアテックは同社のF1エンジン開発部門の設備や人員をほぼそのまま買い取った。新たにテクニカルディレクターフェラーリ・641/2などのデザイナーとして知られるエンリケ・スカラブローニを招き入れ、2003年より独自チームによるF1参戦を実現することを目標に、エンジン開発を続行した。

2001年はアロウズに対してV10エンジンを無償で供給し[1] [2]、2002年にはミナルディに供給した。 しかし元々ベースとなったプジョーエンジン自体戦闘力に乏しかった上、アジアテックとなってからも特に開発体制の強化は行われなかった。さらに、エンジンが供給されたアロウズ、ミナルディは共に弱小チームだったことも重なり、成績は低迷し2年間でわずか3ポイントを獲得するに留まった。

2002年シーズン、9つのサプライヤーがエンジンを供給した中、アジアテックの信頼性は4位でBMWと同率であった。ミナルディの14回のリタイアのうち、4回はエンジンが原因でよるものであった。同社はこのシーズン中にウィリアムズがディドコットに所有していた設計オフィスを買収、オリジナルシャシーを設計してアジアテック・エンジンのテストベッドに使用、2004年には参戦を予定していた[3]

アジアテックはエンジンをチームに対し無償で供給していたが、このように成績が低迷したことから、同社のバックについていたと見られるスポンサーは同社のプロジェクトに対する追加出資を拒否した。このため同社は独自チームでのF1参戦はおろかエンジンビルダーとしての活動継続も困難となり、2002年シーズン終了と共にF1から姿を消した[4]。スタッフはプジョーに戻ったり、ルノーやその他のF1エンジンサプライヤーに転籍した。

2003年2月、アジアテックの資産はパリオークションで売却された。資産の内容は18基のエンジン、シャシーダイナモ、様々な工作機械と測定機器であった[5]

盛田英夫との関係[編集]

スポンサーの中でも盛田家のソニー株式の運用益から様々な事業に投資していたソニー創業者の一人盛田昭夫の長男盛田英夫が、2000年にソニー株を売却して調達した230億円を、オランダに設立したミント社を通じてアジアテックに融資を行い、中核的な役割を果たしていたと言われている。

プロジェクトの失敗によって、盛田英夫が社主を務めるレイケイが外資系金融機関にソニー株を抵当にした上で融資を受け、ミント社の債権の穴埋めをする処理に当たったが、この取引が税法上の子会社整理損ではなく、社長が支配する別会社への寄付にあたるとして65億円の追徴課税処分を受けた。レイケイは納付せずに異議申し立てを行ったため、所有不動産が差し押さえられた状態で同年6月に解散し、残務清算を行っている。いわば、盛田英夫のアジアテックへの関わりが、レイケイ破綻へのトリガーの一つとなった。

F1での成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2001年 オレンジ・アロウズ・アジアテック アロウズ・A22 001 3.0 V10 B AUS MAL BRA SMR ESP AUT MON CAN EUR FRA GBR GER HUN BEL ITA USA JPN 10位 1
ヨス・フェルスタッペン 10 7 Ret Ret 12 6 8 10 Ret 13 10 9 12 10 Ret Ret 15
エンリケ・ベルノルディ Ret Ret Ret 10 Ret Ret 9 Ret Ret Ret 14 8 Ret 12 Ret 13 14
2002年 KL ミナルディ・アジアテック ミナルディ・PS02 AT02 3.0 V10 M AUS MAL BRA SMR ESP AUT MON CAN EUR GBR FRA GER HUN BEL ITA USA JPN 9位 2
アレックス・ユーン 7 Ret 13 DNQ WD Ret Ret 14 Ret DNQ 10 DNQ 13 Ret Ret
アンソニー・デビッドソン Ret Ret
マーク・ウェバー 5 Ret 11 11 WD 12 11 11 15 Ret 8 Ret 16 Ret Ret Ret 10

注釈・出典[編集]

  1. ^ Asiatech Engines www.grandprix.com Retrieved 2 November 2007.
  2. ^ Asiatech engines [1] Broken Arrow are Wound up, news.bbc.co.uk, Retrieved 20 july 2012.
  3. ^ Never Raced F1 Cars [2] Retrieved 4th November 2007.
  4. ^ Engines By Asiatech www.grandprix.com Retrieved 2 November 2007.
  5. ^ Want To Buy A Third Hand Engine Company?[3] Retrieved 4 November 2007.