アカコッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカコッコ
アカコッコ
アカコッコ、八丈島にて
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ツグミ科 Turdidae
: ツグミ属 Turdus
: アカコッコ T. celaenop
学名
Turdus celaenops Stejneger, 1887
和名
アカコッコ
英名
Izu Islands thrush
Izu thrush

アカコッコ(島赤腹[1]Turdus celaenops)は、スズメ目ツグミ科ツグミ属に分類される鳥類

分布[編集]

漢字表記の島は「特定の地域」を指す[1]。英名は伊豆諸島に分布することに由来する[1]

日本伊豆諸島トカラ列島固有種[1][2][3][4][5][6][7][8]。冬季に大島や伊豆半島へ北上する個体もいる[4][8]

形態[編集]

全長23cm[1][3][4][5][7]。眼の周囲は黄色い[4][5][7]

オスは頭部や喉が黒い羽毛で被われる[3][4]。メスは頭部が褐色の羽毛で被われる個体が多く、喉は白や淡褐色で黒や褐色の縦縞が入る[2][3][7]

生態[編集]

スダジイタブノキからなる常緑広葉樹林、低木林、ササからなる藪地、農耕地などに生息する[4][5]

食性は雑食で、昆虫ミミズ果実などを食べる[4]。地表で動物質を、樹上で果実を食べる。

繁殖形態は卵生。4 - 6月に低木の樹上や樹洞、断崖などに植物の根や枯れ草などでお椀状の巣を作り、1回に3 - 4個の卵を産む[4][5]

文化財[編集]

国指定文化財
天然記念物 - 昭和50年2月13日指定[9]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、人為的に移入されたニホンイタチによる捕食などにより生息数は減少している[3][4]。また三宅島では雄山の噴火により生息数が減少している[4]屋久島にも分布していたが、近年の確認例がないため絶滅したと考えられている[3][4][5]。日本では1975年に国の天然記念物に指定されている[4]。三宅村では村立の自然観察施設に日本野鳥の会のレンジャーを常駐させる啓蒙活動が進められている[3]

日本野鳥の会が行った2016年の調査では、三宅島で約7800羽となっていた。これは、2009年の調査での推定数より、1.8倍ほど多い数である[10]

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.svg

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 安部直哉 『山渓名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、24頁。
  2. ^ a b 五百沢日丸 『日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版』、文一総合出版2004年、203頁。
  3. ^ a b c d e f g 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、102、202頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 加藤陸奥雄、沼田眞、渡辺景隆、畑正憲監修 『日本の天然記念物』、講談社1995年、672、675頁。
  5. ^ a b c d e f 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥類III』、平凡社1986年、156頁。
  6. ^ 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、246-247頁。
  7. ^ a b c d 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、479頁。
  8. ^ a b 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、91頁。
  9. ^ 東京都教育委員会 - 文化財 国指定文化財 天然記念物
  10. ^ “火山の島を生き抜く“アカッパラ””. ナショナルジオグラフィック. (2018年6月28日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/17/112900016/052100008/ 2018年7月1日閲覧。 
  • 川上洋一『絶滅危惧の野鳥辞典』、東京堂出版
  • 『週刊朝日百科 動物たちの地球 32』、朝日新聞社1992年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]