アイリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社アイリッジ
iRidge, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 3917
2015年7月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
141-0022
東京都港区麻布台1-11-9 BPRプレイス神谷町10F
設立 2008年8月29日
業種 情報・通信業
法人番号 4011001071991 ウィキデータを編集
事業内容 O2Oソリューションの提供を中心としたインターネットサービスの企画・開発・運営
代表者 小田健太郎 (代表取締役社長)
資本金 10億5,700万円 (2019年3月末現在)
発行済株式総数 659万9,400株 (2019年6月末現在)
売上高 14億9,300万円 (2017年7月期)
営業利益 2億1100万円 (2017年7月期)
純利益 1億5,100万円 (2017年7月期)
純資産 10億4,900万円 (2017年7月期)
総資産 13億1,700万円 (2017年7月期)
従業員数 66名(2017年7月期)
決算期 3月末日
主要株主 小田健太郎 34.49%
デジタルガレージ 14.35%
クレディセゾン 8.19%
(2019年3月期)
関係する人物 黒瀬翼、石丸文彦
外部リンク https://iridge.jp/
特記事項:デジタルガレージNTTデータ、ガプスモバイルなどから支援を受け成長
テンプレートを表示

株式会社アイリッジ(英称:iRidge, Inc.)は、popinfoを主としたO2Oアプリのプラットフォームを行う会社。本社は東京都港区

沿革[編集]

  • 2008年8月 - 東京都港区に、モバイル関連ビジネスを主たる事業目的として当社設立
  • 2009年11月 - フィーチャーフォン向けに、携帯電話の待受画面にポップアップで情報配信する「popinfo」の提供開始
  • 2010年7月 - スマートフォンに対応した「popinfo」の提供開始
  • 2014年5月 - 「popinfo」がiBeaconに対応
  • 2015年7月 - 東京証券取引所マザーズに上場

事業[編集]

  • popinfo - プッシュ通知サービス
  • C-less - スマートフォン決済サービス
  • SmartRally - スタンプラリーサービス

popinfo 利用アプリ[編集]

  • Alpen Group
  • ECナビ
  • 大阪・光の饗宴
  • kabu smart
  • C-Concierge
  • JA全農アプリ
  • シダックス
  • SHIPS
  • GU
  • ZOZOTOWN
  • スロ・パチ遊び放題 777TOWN for Android
  • 東急線アプリ
  • トリンプ
  • ぱーぷるmama+
  • ハラルグルメジャパン
  • 阪急阪神おでかけアプリ
  • 三井住友VISA太平洋マスターズ
  • 三菱UFJ銀行
  • MUSEUM NOTE
  • メルスプランアプリ
  • もんみやプラス
  • ヤマスタ

不祥事・事件[編集]

プッシュ通知を誤配信[編集]

2018年2月22日、「三菱東京UFJ銀行は、三菱UFJ銀行に」という内容のメッセージを送るところを誤って「三菱東京UFJ銀行は、三菱東京UFJ銀行に」と誤記のまま一斉に配信してしまった。その内容がTwitterトレンドに入り利用者は困惑した[1]。このメッセージは最大243万人に届いてしまった可能性があり、三菱東京UFJ銀行は担当者が入力を誤ったと説明しており、「ご迷惑をかけて申し訳ない。再発防止に努める」とコメントした[2]。アイリッジは三菱東京UFJ銀行アプリの運用を担当している[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]