もろこし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
もろこし(唐土庵、左から抹茶、うす焼きもろこし、あんこ)

もろこし(諸越)は、秋田県地方で作られている銘菓であり、落雁の一種である。

小豆粉を木などで造った枠に入れ、固めたものに焼きを入れて作られる。現在では小豆粉に砂糖も一緒に混ぜることが多い。店舗や地方によっては、原料や製法を変えて作られるものもある。

漢字表記の「諸越」は、江戸時代久保田藩主へ菓子を献上した時に「諸々の菓子を越えて風味良し」との評を得て銘を受けたことによるものと伝わる。地方によっては唐土諸粉子とも書かれるが、一般的には秋田諸越あきたもろこし)と呼ばれることが多い。

和菓子の中でも打物と呼ばれる部類に属する堅い菓子だが、口の中に入れると甘い粉がゆっくりさらさらと融けるため、緑茶のお茶請けに向いている。