その街のこども

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ
その街のこども
ジャンル テレビドラマ
脚本 渡辺あや
演出 井上剛
出演者 森山未來
佐藤江梨子
津田寛治
エンディング 歌・作詞:阿部芙蓉美、作曲:大友良英
製作
プロデューサー 京田光広
制作 NHK大阪放送局
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年1月17日
放送時間 23:00 - 24:13
放送分 73分
回数 1
阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ「その街のこども」
テンプレートを表示

その街のこども』(そのまちのこども)は、2010年1月17日の23時00分 - 24時13分にNHK総合テレビで放映されたテレビドラマである。阪神・淡路大震災15年特集ドラマとして放送された。NHK大阪放送局が制作した。

概要[編集]

阪神・淡路大震災から15年が経過した神戸の街で、ふとしたきっかけで出逢った男女が、お互い持っていた「あの時の記憶」をさらけだす。

兵庫県神戸市灘区出身の森山未來[1] と、中学1年生の時に神戸市東灘区で被災した佐藤江梨子[2] が、実年齢で出演した。ラストシーンは放送当日の早朝に撮影され、東遊園地で行われた追悼のつどいの様子が織り込まれた。

同年1月30日にはBS2の「あなたのアンコール サタデー」(13時30分 - 14時48分)で再放送された。また、総合テレビでも同年5月5日の16時45分 - 17時58分と、放送から5年後(震災発生から20年後)となる2015年1月12日0時05分 - 1時20分(同年1月11日24時05分 - 25時20分)にも再放送された。

劇場公開[編集]

その街のこども 劇場版
監督 井上剛
脚本 渡辺あや
製作 京田光広
出演者 森山未來
佐藤江梨子
津田寛治
音楽 大友良英
主題歌 阿部芙蓉美
撮影 松宮拓
青木智紀
編集 狩森ますみ
製作会社 NHK
配給 トランスフォーマー
公開 日本の旗 2010年11月20日(先行)
日本の旗 2011年1月15日(全国)
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

放送後に大きな反響を得たことから、ドラマでカットされた映像を追加するなど再編集を施した劇場版が制作され、同年11月20日シネリーブル神戸とシネリーブル梅田で、12月4日京都シネマで先行ロードショー上映された。2011年1月15日から順次全国各地で公開された。トランスフォーマーが配給した。公開1月15日付のぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)で1位の評価を獲得した。

NHK制作のテレビドラマとしては異例の全国劇場公開となった。NHKは「放送後、上映会をしてほしいなど地元から熱い要望があった。未放送部分を加えることで、伝えきれなかった部分も見せたい」とコメントした。

配給収入の一部は、2011年3月中旬まで集まった分については、災害救護活動の支援を目的に日本赤十字社へ寄付された。同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震以降は、寄付先を日本赤十字社の東日本大震災義援金に切り替えることとなり(パンフレット販売収入の一部も対象)、引き続き、配給収入の一部を災害復興の支援に役立てる。同年6月3日にはDVD[3] が発売され、この売上の一部も寄付にあてられた。

キャッチコピーは「それでも、行かなだめなんです。」。

受賞・評価[編集]

キャスト[編集]

中田勇治:森山未來
灘出身。震災後に家族と上京。現在は建設会社に勤めている。震災から15年後の神戸を訪れることになる。
大村美夏:佐藤江梨子
御影出身。震災後に家族と上京し、13年ぶりに神戸にある理由があってやってきた。
沢村:津田寛治
勇治の会社の先輩。
おっちゃん(米原雅夫):白木利周
美夏の親友の父親。
演じた白木本人は震災遺族として、NPO法人阪神淡路大震災「1・17希望の灯り」の代表を務める。
たこ焼き屋おばちゃん:中川光子

ほか多くの神戸市民が出演した。

スタッフ[編集]

関連作品[編集]

大友良英サウンドトラックス vol.0
2010年6月12日、F.M.N. Sound Factory
このドラマのテーマ曲「その街のこども」と、挿入曲「歩く」の2曲が収録された。
BOW
大友良英+高田漣名義。2010年9月、OTOTOY限定で配信された。
このドラマの挿入曲「街の灯」が収録された(ただし、ドラマ本編とはアレンジが異なる新規録音)。

その他[編集]

  • 総合テレビでの再放送にあわせて、2010年4月29日 - 5月9日に神戸の人と防災未来センターで、本作の写真パネル展が開催された。
  • 劇場公開後の2011年2月下旬には、NHK大阪放送局主催で、関係者のみのイベント「その街のこどものつどい 第36回放送文化基金賞受賞&劇場公開感謝の夕べ」が神戸で行われ、主演の森山・佐藤はもとより、演出の井上、脚本の渡辺、音楽担当の大友・阿部など、ドラマスタッフや劇場版スタッフ、協力者らが一堂に会した。
  • 2011年11月には、オーストラリアの日本映画祭(Japanese Film Festival)の特別上映作品として、シドニーメルボルンでも上映された。

脚注[編集]

  1. ^ NHKの震災関連番組には、2008年にプレミアム10『絆・被災地に生まれたこころの歌』のナビゲーター、2009年にドラマ『未来は今〜10 years old, 14 years after』の本人役として出演した。
  2. ^ 2005年には、読売テレビ『震災10年・10Days』のメインキャスターを務めた。
  3. ^ 特典としてテレビドラマ版の撮影台本複製版が封入され、映像特典には大友良英阿部芙蓉美らによる公開記念前夜祭ライブ(「その街のこども」「歩く」)なども収録された。

関連項目[編集]

  • 二十歳と一匹 - 阪神・淡路大震災20年記念ドラマ。2015年1月17日、総合テレビにて放送された。

外部リンク[編集]