こしばてつや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

こしばてつや(本名小柴哲也[1]1965年3月28日[1] - )は、日本漫画家男性。血液型はB型[1]

来歴[編集]

1988年、『IKENAI! いんびテーション』でデビュー。ペンネームは「こしばてつや」・「Tetsu」。デビュー前投稿時は、当時の師匠であった小林まことの命名でちばてつやの名前を拝借した「こちばてつや」というペンネームを使用していた[2]

経歴[編集]

作品リスト[編集]

TVドラマ[編集]

映画[編集]

人物[編集]

  • 麻雀は趣味の一つ。雀荘にて和泉由希子黒沢咲らプロ雀士との交流もあり、彼女らのブログでも紹介されている。2009年には日本プロ麻雀連盟主催の「第一回麻雀トライアスロン・雀豪決定戦」に参戦し、その腕前を披露した。また、『週刊ヤングマガジン』作者陣、風間やんわりらとも定期的に麻雀をしている。
  • 誕生日には、毎年「こしばてつや誕生日麻雀大会」が行われ、漫画家同士の交流の場となっている。
  • 小林まことの元でアシスタント経験がある。小林に師事していたこともあり、特に所期作品では小林独特の間や演出法が多く見られる。小林はこしばのアシ時からその才能を見抜き、「お前をプロにしてみせる」と激励し、早いデビュー、人気獲得に繋がった。
  • 小林まことの作品である『柔道部物語』には、小柴哲也という同姓同名の先輩が登場する。詳細はリンク先を参照。
  • 青年誌でデビューしたヒット作『IKENAI!いんびテーション』は後に成人指定をうけた。女子高生の学園生活をテーマにした作品だったが、当時としてはやや過激な性的表現や性器の描写があり、また当時「宮崎勤事件」の影響から漫画界全体がバッシングをうけていたという背景がある。遊人の『ANGEL』も同様。その為か同作品では途中から性的な表現は激減する。
  • NHKドキュメント72時間「密着 歌舞伎町の眠らない花屋」(関東圏:2013年4月5日 22:55 - 23:20放映)にて、いち訪問客として花屋を訪れ、花を贈る話の中で交際中の彼女との結婚を洩らした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 本人単行本『IKENAI!いんびテーション』1巻P46より
  2. ^ 雑誌『ジョー&飛雄馬』vol.10 本人のコメントより