きのうの夜は…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きのうの夜は…
About Last Night...
監督 エドワード・ズウィック
脚本 ティム・カズリンスキー
デニース・デクレー
原作 デヴィッド・マメット
『シカゴの性倒錯』
製作 ジェイソン・ブレット
スチュアート・オーケン
音楽 マイケル・グッドマン
撮影 アンドリュー・ディンテンファス
編集 ハリー・ケラミダス
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年6月26日
日本の旗 1986年11月29日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $38,702,310[1]
テンプレートを表示

きのうの夜は…』(About Last Night...)は1986年に制作されたアメリカ映画デヴィッド・マメット作の『シカゴの性倒錯』(Sexual Perversity in Chicago)という戯曲を基に、エドワード・ズウィック監督がロマンティック・コメディとして映画化した。ロブ・ロウデミ・ムーアの激しいセックス・シーンは当時大きな話題となった。

ストーリー[編集]

シカゴに暮らすダニー(ロブ・ロウ)は恋愛に対して真剣になれず、常に遊び目的で女性と付き合っていた。バーで出会ったデビー(デミ・ムーア)と一夜限りのつもりで関係を持ったのだが、ダニーの中でいつもとは違う感情が生まれていた。

スタッフ[編集]

  • 監督:エドワード・ズウィック
  • 製作:スチュアート・オーケン、ジェイソン・ブレット
  • 原作:デヴィッド・マメット
  • 脚本:デニース・デクルー、ティム・カズリンスキー
  • 音楽:マイルス・グッドマン

キャスト[編集]

リメイク[編集]

2014年にケヴィン・ハートジョイ・ブライアント主演でリメイクされ、批評的にも興行的にも成功を収めた。

出典[編集]

  1. ^ About Last Night... (1986)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]